出逢いの場

連休でたっぷりと休んだと思ったら、明日はまた休み! ちょっぴり嬉しいですが、これだけ休みがあると、来週一週間がすごく長~く感じてしまいそうです・・・

さて、まだまだ5月2日のお話
那佐半島の次は、海陽町の大里海岸です。
全長4kmにも及ぶ大里海岸の南端には、日本でも有数の清流の一つに数えられる海部川が流れています。 水質の良さから下流域でもアメゴが見られるのだといいます。 その他にも天然のテナガエビ、鮎、ウナギなども多数生息しているたいへん自然豊かな河川です。
そんな海部川は川釣りの世界においても、超一級河川で鮎釣りも盛んです。 6月1日の鮎漁の解禁をひかえ海部川漁協では、5月6日に15万匹、7日に25万匹の稚鮎(8~10cm)を放流したそうです。 この稚鮎達は解禁日までには15~20cm迄に成長するんだそうですよ。 
a0125598_2284954.jpg
a0125598_229372.jpgこの日、海部川の河口で見つけたのは、同じ徳島県内の川でも勝浦郡上勝町から勝浦町、小松島市を経て、徳島市南部の紀伊水道に注ぐ勝浦川の漁業協同組合発行の遊漁券。 
鮎釣りをする場合には、この遊魚証を購入して、必ず携帯し見える所へつけておかなければならない、必須アイテムなのですが、この遊漁券は平成10度のもの、たぶん海部川に鮎釣りに来た釣り人が捨てたものなんでしょうね。

a0125598_2291796.jpg
海部川の河口は、川を下ってきた水と、海の波がぶつかり混じり合う大自然の出逢いの場所。
この日の海部川の流れはゆるやかでしたが、海の波とぶつかり白波がたつ様子は爽快でしたよ!
[PR]

by taibeach | 2010-05-08 22:09 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/10575834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kin at 2010-05-09 16:07 x
徳島ではアメゴというのですね。こっちではアマゴです。川釣り、何度か挑戦しましたが私にはとても難易度が高かったです。
遊漁券・・・先日行った山間のコンビニでも売られていました。びっくり^ ^
Commented by ことまる at 2010-05-09 17:29 x
あゆ釣りが6月に解禁とは!早いですね~!!!
こちらでも稚アユの遡上が始まってるようで、先日河口で10cm弱の稚アユを見ました。
サクラマスの次はアユ釣りで川もにぎわいますね♪
Commented by taibeach at 2010-05-09 20:46
kinさん
へぇ~、福井ではアマゴというのですね!
私は鮎より、アメゴの方がおいしくて好きです!
遊魚券もコンビニの時代ですか! 釣り人は朝が早いですからねぇ(^^)
Commented by taibeach at 2010-05-09 20:52
ことまるさん
徳島では、川によって解禁日が違うのですが、早い川では6月1日に解禁となります。
サクラマス! こちらの川にはいない魚ですが、おいしいのでしょうね(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 沖の出羽島 渚の珍客 >>