蒼の一族と姫

今朝の徳島南部、気持ち良く晴れ渡り絶好の海散歩日和!
こんな日は渚にすっ飛んで行って、おもいっきり浜歩きを満喫したい! ところですが、ここはグッと我慢して仕事に行ってきました。 今度の日曜日は晴れるかなぁ・・・?

さて、24日月曜日夕方の田井ノ浜
春の嵐のよって落鳥し、大量の海藻と共に渚に漂着した「ハシボソミズナギドリ」の数を数えながら一羽一羽写真を撮っていると、写真の個体の頭に何か付いていることに気付きました。
何だろう?と近づいて見ると、青いクラゲの1つ「カツオノエボシ」でした。
a0125598_2256871.jpga0125598_2332371.jpg









a0125598_2342070.jpga0125598_2343718.jpg









渚をさらに歩いて行くと、カツオノエボシの他に、2つ目の青「カツオノカンムリ」☝も多数やって来ていましたが、3つ目の青「ギンカクラゲ」は来ていません。 お金は今回忘れたようですね(笑)
蒼の一族がやってきたということ、ひょっとして今回こそはアレが・・・と期待しながら歩いていたら、おぉ~ありましたよ! とてもちっちゃな娘ですが、待ちに待った久しぶりの蒼い姫!(●^o^●)
a0125598_235126.jpga0125598_2351559.jpg









小さいけれど瑠璃色がとっても美しい姫には、青いふかふかクッションをご用意致しましたよ!
a0125598_2355730.jpg
「ヒメルリガイ」(姫瑠璃貝)Janthina umbilicata アサガオガイ科
[PR]

by taibeach | 2010-05-26 23:06 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/10693096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さっちん at 2010-05-27 00:18 x
ヒメルリガイっていうんですね。
とっても綺麗な色ですね!
私も早くそんな素敵な貝がらに出会いたいです。
Commented by beachcomberjp at 2010-05-27 16:04
なんだか殻高の低いやつですね。
ヒメルリガイはもっと尖ったイメージがあるのですが。
あと、殻口の湾入がずっと深いです。
一度ご確認ください。
色はヒメルリっぽいので、殻高の低いタイプかもしれませんね。
Commented by kin at 2010-05-27 19:50 x
青いものたち勢ぞろいですね!!
ヒメルリガイ、メタリックな色がとてもいいですね!!
Commented by ことまる at 2010-05-27 20:32 x
気の毒なミズナギドリの枕は青い空気枕だったんですね。
カツオノエボシは触る時怖いですが、瑠璃姫の先触れなので期待が膨らみます。ルリガイ、キレイですね~!!!
Commented by taibeach at 2010-05-27 20:43
さっちんさん
強い南風が吹いて海が荒れた後には、是非(なるべく早く)渚を歩いてみて下さい!
2列目の写真(+ギンカクラゲ)のような、青いクラゲたちが漂着していたなら、青いクラゲたちを追って、大海原を泡のイカダに乗って旅をしている、ルリガイやヒメルリガイ、アサガオガイなどの蒼色の貝に会えるかもしれません(*^_^*)
Commented by taibeach at 2010-05-27 20:48
Shigeさん
そうなんです。 ちょっと殻高が低いかな?とも思ったのですが、個体差かな?とも思いますし・・・
またクリーニングした後のをUPしますね!
Commented by taibeach at 2010-05-27 20:55
kinさん
青の3クラゲ勢揃い!というタイトルにしたかったのですが、今年は何故だかギンカクラゲが少ないです(>_<)
碧い貝達も、なかなか大量漂着はしてきませんねぇ・・・
Commented by taibeach at 2010-05-27 21:03
ことまるさん
カツオノエボシの空気枕は、ちょっと勇気が必要ですね!(笑)
しかしこうやって見てみると、なんだか気持ち良さそうな空気枕に見えてきますから、カツオノマクラに改名してしまいましょうか?(^0^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 碧い朝顔 カニも受難の季節 >>