渚の帰化植物

帰化植物、今までそんなに気にしてきませんでしたが、最近、他の植物が生育しにくい環境下にある浜辺の植物の世界にも、帰化植物の波が押し寄せてきていることもあり、少し調べてみると帰化植物には沢山の種類があることがわかりました。
シロツメクサ(クローバー)は、元々家畜の飼料用として導入されたものが野生化したヨーロッパ原産の帰化植物。  道端や畑の畦道などに見られるオオイヌノフグリもヨーロッパ原産。
これからの時期、田んぼのあぜ道などでよく見られる、初秋の代表的な花の彼岸花も日本固有種だと思っていましたが、稲作が伝来した時に中国から入って来た帰化植物と言われています。
浜辺の植物のテリトリーにおいても、最近はコマツヨイグサや徳島・吉野川河口の海岸でよく見られるナルトサワギクなどが勢力を拡大中です。
a0125598_2059249.jpga0125598_2142943.jpg









数ある帰化植物の中でも、最近話題なのがハマヒルガオやハマゴウなどに蔓を何重にも巻きつけ、宿主の植物を締め上げるよう寄生して、栄養を吸い上げるアメリカネナシカズラ。
渚の植物の上に、まるで細い中華めんをかぶせたようなその異様な姿は、いかにも悪者の帰化植物といった感じがしますね。
今の時期、草原、荒れ地、山の斜面、河原、道端など、あちらこちら・・・それはもうどこででも花を咲かせているのが、タカサゴユリです。  タカサゴユリは、観賞用として大正時代に日本に持ち込まれた「台湾原産」の帰化植物だということです。
a0125598_2105059.jpga0125598_2112546.jpg









                    ☟高知県東洋町野根の海岸で花を咲かせるタカサゴユリ☝
a0125598_211412.jpg
近年爆発的な繁殖力で勢力を拡大したセイタカアワダチソウや、花粉に関係なく種子が単独で熟するために強い繁殖力を持つセイヨウタンポポなど、あっという間に勢力範囲を拡大する植物は強い繁殖力を持っていますが、このタカサゴユリは、花一輪につき出来る種子の数が600~1000個! それらの大量の種子が、風によってドンドンと飛ばされていくのですから、あっという間にこれほどまでに広がるのでしょうね。
私の希望としましては、こんな感じで海豆の類もドンドンと渚に流れ着いてくれたら・・・と願っているのですが、どうでしょうね~(笑)
[PR]

by taibeach | 2010-08-17 22:33 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/11138810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kin at 2010-08-18 19:29 x
白くて美しいタカサゴユリですか、こんなのも帰化植物なんですね。
温暖化が進むとますます南方の植物が育つ場所も増えてくるのでしょうか、
Commented by taibeach at 2010-08-18 19:54
kinさん
温暖化はこれ以上進んでもらうと困りますが、グンバイヒルガオなどの南方の植物が花を咲かせるところは、見てみたい気がします。
Commented by ことまる at 2010-08-18 22:21 x
日本の植物だと思っていたものも実は帰化植物だったりと、昔から入ってる植物だと分からないものも多いです。最近は帰化植物に外来生物が被害を出すケースがあるので気が付きますが、知らないうちに勢力拡大されてたら分からないですね。
Commented by taibeach at 2010-08-19 00:01
ことまるさん
どこからどこまでを帰化植物と呼ぶのでしょうね?
稲も中国から入って来た植物ですが、どうなのかなぁ?
人が栽培・管理しているうちは帰化植物と呼ばないのでしょうかね。
こういった帰化植物の原産国などを調べるのも結構面白いものですね(^^)
Commented by 尚 nao. at 2010-08-21 12:37 x
タカサゴユリは台湾原産のユリで園芸植物としても知られますが
各地で増殖しているのはテッポウユリとの雑種シンテッポウユリが多いそうです。
こちらでもホント困った状態で、今やそこら中に蔓延っていて
道路ののり面などに群落を形成しているところすらあります。
ただ一般の人って花が綺麗だと帰化植物にも無関心なので
自分の住む場所の自然が本来の姿から変わっていることに気がつかないんですよね〜。
こういうものが増えないように取り組む必要はあると思うのですが…。
Commented by taibeach at 2010-08-21 22:31
尚 nao.さん
テッポウユリとタカサゴユリ、花の形もよく似ているそうですが、テッポウユリの花は時期は6月頃で、タカサゴユリの花期は8月で判別できますが、その雑種シンテッポウユリってどうやって判別するのでしょうね?
こちらでは今、あっちでもこっちでもこの花が咲いています。
百合の花はきれいな花の代名詞で好きな方が多いので、誰も進んで駆除しようなんて思わないのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 火を嘗めちゃ~イカンよ! お盆と海 >>