オウムじゃないけど飴拾う

今日は北の方に用事があったので、足をのばして鳴門方面の渚を歩いててきました。
a0125598_225645.jpg
神戸淡路鳴門自動車道の大鳴門橋が架けれれている鳴門の大毛島には、長~い砂浜の海岸線がありますが、私が今日歩いたのは、一番北側の鳴門大橋近くの「千鳥ヶ浜」(外部リンク)
なぜこの浜なのかというと、ここは以前にオオムガイの殻が拾われたことがあるという話を、以前博物館で聞いたことがあるから・・・という2匹目のドジョウ狙い!(そんなに甘くないことは、重々わかっていますが-)
県南の海では、クラゲが多くてとても泳げるような状態ではありませんでしたが、太平洋側と違って、瀬戸内ではまだクラゲの侵略を受けていないのでしょうか? こちらの海では、まだまだ海水浴を楽しむ家族連れなどが沢山いましたよ。 
そんな千鳥ヶ浜の砂浜におりて、渚を歩きだすと・・・
クルミやヒシ等の実に混じって、シナアブラギリを発見! おお~こいつは期待できますね!
そして少し歩いた先には、今度はブルー紡錘浮きが漂着していました。
すぐ先には大塚国際美術館があり、周辺には沢山のホテルが立ち並ぶ鳴門の観光地中心の千鳥ヶ浜は、海水浴を楽しむ方や、渚を散策される方も多いので、夏場はよく浜掃除が行われているような感じでしたが、どうやら最近イイ感じの漂着があったようですね。
a0125598_23245328.jpga0125598_23275227.jpg









「う~ オウムガイ~オウムガイ~」と何も知らない観光客が聞くと、思いっきり避けて通られそうな、怪し~い呪文を唱えながら渚を歩く私の視線の先には・・・ ついに!
a0125598_2345111.jpg
オウムガイじゃなく、黄色いベトナムウキが漂着していましたよ(^^) 
オウムガイじゃなかったけれど、鳴門でベトナムウキ~! これでも大発見だ~!(笑) 
[PR]

by taibeach | 2010-08-29 23:45 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(14)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/11203126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by n at 2010-08-30 00:35 x
こんにちわ、
鳴門は潮の流れが複雑なので、くまなく探すと面白いものが出そうですよね。

私は29日に知り合いの集まりがあって小松海岸に行きました。夏も終わりだと思って人出を甘く見ていました…。物凄い人人人…!
このHPで勉強させていただいたおかげで初めてカツオノエボシの浮き袋を見つけることができましたよ^^
Commented by at 2010-08-30 07:17 x
ダナンとありますね。
ダナンは中部ですが、今でも大きな、竹で編んだ丸いお椀のような舟で漁をしているところですよ。
Commented by 島酔潜人 at 2010-08-30 10:28 x
キャンディー浮き、やりましたね!
でも、鳴門まで、流れ着くなんてすごいな~

流れ着いた、ルートを解明してみたいですね。
ぜひ、次はオーム貝を!
Commented by kin at 2010-08-30 20:02 x
私が以前拾ったのと同じキャンディー浮きですね。
ベトナムから鳴門まで遠くまで流れ着いたものです。

オウムガイ・・・・ぜひゲットしてください!
Commented by taibeach at 2010-08-30 20:34
nさん
えっ、小松でカツオノエボシを発見されたのですか! おめでとうございます(^^)
日曜は海側から強い風が吹いていましたものね!
今日は小松で、青い貝を見つけたとの情報も入りましたよ!\(^0^)/
千鳥ヶ浜、陶片も沢山ありましたが、そんなに古いものではないようでした。
Commented by beachcomberjp at 2010-08-30 20:35
そのオウムガイ、わたしの友人が拾いました。
オウムガイは下記ブログのロゴ画像にありますよ。
http://northernbc.exblog.jp/
Commented by taibeach at 2010-08-30 20:43
春さん
ご教示ありがとうどざいます!m(_ _)m
この浮きの陽刻、ベトナム地名なのですね! ブルー紡錘浮きの「浙江」のようなものですね。
竹で編んだ丸い舟、写真で見たことがあります!
あんなのが漂着してきたらスゴイでしょうね(^^)
Commented by taibeach at 2010-08-30 20:52
島酔潜人さん
ありがとうございます!
私もちょっとこれには驚きでした。 千鳥ヶ浜は、鳴門海峡のすぐ側ですからねぇ
島酔潜人さんのおっしゃるように、ここまで流れて来たルートがわかったら面白いでしょうね!
Commented by taibeach at 2010-08-30 21:01
kinさん
ベトナムから鳴門まで、何日くらいかけてやってきたのでしょうね?
瀬戸内でこういったものが拾えると、かなり嬉しいです\(^0^)/
オウムガイ是非拾ってみたいです。 アオイガイ、タコブネも拾いたい~!(笑)
Commented by ことまる at 2010-08-30 21:05 x
ベトナム浮きおめでとうございます♪
瀬戸内でオウムガイを見つけられた方がいらっしゃるのですか!それは凄いです。次はぜひ見つけられますように!
Commented by taibeach at 2010-08-30 21:18
Shigeさん
私はその時の様子を、確かプカプカ通信web版で読んだと思います。
それ以来、鳴門の海岸を歩く時は、例の怪しい呪文を唱えながら歩くようになりました(笑)
Commented by taibeach at 2010-08-30 21:23
ことまるさん
ありがとうございます!
太平洋側で拾っても嬉しいキャンディー、瀬戸内側で拾えたらさらに嬉しさアップです!(^^)
オウムガイ、いつの日か拾ってみたいですね!
Commented by n at 2010-08-30 22:05 x
あの日確かに風は強くカイトボードをしている人が非常に多かったです。場所は小松海岸の北のほうです。カツオノエボシは大小2個ぐらい見ましたよ^^袋の部分を慎重につまんでみると非常に不思議な触感でした。
Commented by taibeach at 2010-08-30 23:38
nさん
カイトボード! あれ面白そうですね~! ですが初心者はカツオノエボシやカツオノカンムリみたいに、風の吹くままに流されてしまいそうです(笑)
カツオノエボシ、危険なクラゲなのにあの浮袋のプニプニとした感触は癖になりそうですね!(*^_^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ビーチコーミングのお誘い-☆ 何事も程々にね! >>