夏の終わりの海燕

夏も終わろうとする(例年なら)8月末の蒲生田海岸
a0125598_22115758.jpg
何か新しいものは漂着していないかと波打ち際を歩いていると・・・
流れ藻の中に、パッと見葉っぱのように見える魚が、ユラユラと藻と共に波に揺られていました。
a0125598_22121337.jpga0125598_22122977.jpg









う~ん、この魚なんだか見たことがありますよ~  そうだ!ツバメウオじゃなかったかな? 
でも待てよ、ツバメウオに似ているみたいだけど、ツバメウオって白黒の縦縞模様だったよなぁ・・・ それじゃツバメウオの幼魚かな?とその場ではよく解らなかったので、ツバメウオの幼魚ということにしておきました。
a0125598_22124461.jpg
家の帰って、ツバメウオの幼魚を検索してみたら、ツバメウオは幼魚も縞々!
どうやらこちらのお魚ツバメウオの幼魚ではなく、「ナンヨウツバメウオ」(スズキ目マンジュウダイ科)の幼魚というのが正解のようですね。
[PR]

by taibeach | 2010-09-09 22:13 | 海の生き物 | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/11257059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2010-09-09 23:27 x
おお!ナンヨウツバメウオの幼魚ですね〜!
これ、大好きなんですよ。
ツバメウオの仲間の幼魚は枯れ葉などに擬態することで有名なのですが
このナンヨウツバメウオの幼魚が一番それっぽいんです。
(ツバメウオの幼魚のごく小さい時期はよくわかってなくて、縞模様のは若魚くらいですね)
駿河湾や相模湾沿岸にも流れてきて、この前友人が伊豆で捕まえたとか。
ちょうど僕も探しにいきたいな〜と思っていたところです(笑)
Commented by 島酔潜人 at 2010-09-09 23:56 x
よく見つけましたね。
ナンヨウツバメウオの幼魚で正解ですよ。
色形だけではなくて、その泳ぐ姿が波まかせで、ただユラユラしているだけなので、本当の枯葉そっくりです。
Commented by kin at 2010-09-10 19:23 x
魚には見えないです!!こんなのゆらゆらしていたらそばにいてもスルーしてしまいますね。
やっぱり暖かいんですね。
Commented by ことまる at 2010-09-10 21:10 x
ヤママユガの羽根かと思いました。
まさか魚とは!!!見えません。
ナンヨウツバメウオ・・名前からして南国の魚っぽいですね。
Commented by taibeach at 2010-09-10 21:48
尚 nao.さん
へぇ~ こんな地味な色をしているのは擬態なのですね!
写真の子は体長が5~6cmくらい、波打ち際の流れ藻に一匹だけいましたが、少し離れた波消しブロックの方には、少し大きな個体が数匹まとまって泳いでいました。
Commented by taibeach at 2010-09-10 22:05
島酔潜人さん
私はこの魚を初めて見たのですが、ナンヨウツバメウオで合っていて良かったです(^^)
波打ち際で、流れ藻と共にユラユラと力なく揺れていたので、弱っているのかと思い掬ってやろうとすると、素早く逃げるのです。(・_・;)
流れ藻の中では枯葉になりきっているのですね(^^)
Commented by taibeach at 2010-09-10 22:27
kinさん
ナンヨウツバメウオ、黒潮に乗ってやってきた季節来遊魚(死滅回遊魚)というヤツでしょうか?
彼は枯葉になりきっているようでしたが、流れ藻とはちょっと色彩が違っていて、逆に何だろう?と私の気を引くことになりました(笑)
Commented by taibeach at 2010-09-10 22:37
ことまるさん
ははは ヤママユガの羽根! 似ていますね~!(^^)
ナンヨウツバメウオ、南洋という冠がつくのでいかにも南国の魚ですね! 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< T9の贈り物☆漂着種子祭り(その1) 時空を超えてやって来た! >>