我は海の子、彼は波の子

今日の徳島南部、3日ぶりに最低気温が10℃を越えて、寒さもちょっと一息という感じ。
日中もグングン気温が上がり、最高気温も美波町で21℃、海陽町で25℃と風もなくて、暖かく穏やかな一日となりました。
a0125598_21252829.jpg

さて、水曜夕方の田井ノ浜の渚   潮が引いた砂浜には、二枚貝のお尻が覗いていました(^^)
a0125598_2128216.jpga0125598_21293132.jpg









生きているのかどうかが気になって、掘り起こして波打ち際においてみると・・・
a0125598_21301366.jpg
波に洗われて姿を現したのは、美しい純白無垢のナミノコガイ貝殻 ― ♪ (*^_^*)
潮を浴びて安心したのか、ナミノコガイは足を出して再び砂の中に潜って行ってしまいました。
a0125598_2130347.jpga0125598_21305230.jpg
[PR]

by taibeach | 2010-11-12 21:31 | 海の生き物 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/11558164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2010-11-14 18:47 x
干潟で貝の観察をするのも楽しいですよね〜☆
平たいプラケースなどを使って観察すると
足を伸ばして砂に潜る様子が見られますよ。
潜っていく様子はバカガイとか大きめなヤツとか
巻貝のツメタガイなんかがとってもおもしろいです(笑)
Commented by taibeach at 2010-11-14 20:49
尚 nao.さん
なるほど~! プラケースで観察ですか、これはいいことを教えていただきました。 ありがとうございますm(_ _)m 今度やってみますね。

波が寄せたり引いたりする時の、沢山のナミノコガイやフジノハナガイの一斉ダンスは、感動的です!(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 淡島の漂着種子 渚ギャラリー >>