どんぐりコロコロ、ナツメもコロコロ―♪

山が海岸に迫った急傾斜地多い徳島県南の海岸は、大部分が4~10mの低木林~亜高木林。
ウバメガシ、トベラ、マサキ、シャリンバイなどの常緑広葉樹が、密に混生して海岸林を構成しています。 その海岸林ほとんどが、備長炭の原料として利用されるウバメガシ。
ウバメガシは、こちらでは「ウマメノキ」とも呼ばれ、庭木にもよく植えられている木です。
下明丸の浜の渚には、ウバメガシの海岸林から落ちてきた沢山のドングリが転がっていました。
a0125598_20331266.jpg
先日、福井のビーチコーマーkinさんのブログでは、ナツメの実とナツメガイの共演記事が紹介されていましたが、私は大きさがよく似たウバメガシのドングリと共演して頂きましたよ(^o^
a0125598_20332587.jpg

[PR]

by taibeach | 2010-11-23 21:36 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/11608091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2010-11-23 21:52 x
今年は何処もドングリが不作と聞いていましたが、そちらの浜ではこんなに落ちてるのですね~早朝行くとドングリを食べにきたイノシシと遭遇しそうです。
同じ県内でも三里浜では余りナツメガイを見ないように思います、天気のいい日に一度じっくり探してみます。
Commented by taibeach at 2010-11-23 23:19
ことまるさん
いますよ~! ここは人里離れていますから、イノシシに鹿、猿がいっぱいいます。
日が暮れるとすぐに、鹿が何頭も道路を歩いていますし、渚の砂地には獣たちの足跡がいっぱいです!
またこの日は、猿の軍団が渚までビーチコーミングに?やって来ていて、あちこちで猿が木をゆすったり、奇声をあげたりしていて、囲まれたらどうしょうと、かなりビビリました。(>_<)
Commented by kin at 2010-11-24 19:59 x
猿のビーチコーマー!!『猿の惑星』という映画ありましたが・・・。お宝拾っていたりして^^

ナツメガイ、きれいなのが多いですね。
Commented by taibeach at 2010-11-24 22:18
kinさん
寒い時期のお猿さん、お顔の色も赤色が増し、訳の分からない奇声を発して、まるで酔っ払ってくだを巻くオジさんの集団みたいです・・・
あんなのに絡まれたら、たまったものではありません(笑)
Commented by 尚 nao. at 2010-11-25 22:51 x
海岸にこんなにドングリが!
ウバメガシなんですね〜。
こちらではけっこう少なくて絶滅危惧種じゃなかったかな?
それにしても、ドングリとナツメガイ、ぴったりお似合いですね(笑)
Commented by taibeach at 2010-11-26 20:29
尚 nao.さん
こちらの渚では、こんな風にウバメガシのドングリが山のように落ちていたりします。
このドングリはプカプカと海の旅に出られないのが残念です。
ナツメガイの丸いフォルムがドングリとそっくりですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今年最後のビーチコーミングのお... 下明丸の打ち上げ貝 2 >>