目に青葉・・・

今日の徳島南部、時折薄日が差すだけの、晴れそうで晴れない薄曇りのお天気。
こんな日でも、今の時期は紫外線が強いんだろうなぁ…
a0125598_22174493.jpg
                                       ☝ 【エゴノキの花】
職場の裏に、『エゴノキ』が白い花を咲かせていました。 このエゴノキの種子も、昨日のアブラギリの実と同様、渚によく漂着してますよね。 
このエゴノキの和名の由来は、果実を口に入れると喉や舌を刺激して“えぐい”(えごい)ことからきているのだとか。    【☟ 果実 】        【☟ 種子 】 漂着種子としてもお馴染みですね。
a0125598_2321447.jpga0125598_2322913.jpg









さて、新緑の眩しい山々では、春咲きの花々が実を付け始めましたよ。 
こちら☟は、4月の初めにツブツブの花を咲かせていたキブシの実。 実になってもツブツブ~(笑)
a0125598_22211464.jpg
え~ところで、我が家の今日の夕食は、「カツオのお刺身」だったのですが、今年は鰹漁が不漁なのだそうです。 だからカツオのお値段もかなりお高め・・・ その上カツオだけではなくて、タチウオもあまり釣れないとのこと。 これも東北沖の地震の影響なのでしょうか?

“目には青葉”、“初鰹” とくれば、“山ホトトギス” ですが、鳥のホトトギスの画像はないので・・・ “海のホトトギス”の、『ホトトギスガイ』を!(^^)
このホトトギスガイの和名の由来は、この縞模様がホトトギスの胸の縞模様に似ているから。 
a0125598_23255291.jpg
      【ホトトギスガイ (杜鵑貝)、学名 Musculista senhousia 、イガイ目イガイ科】

 ~オマケ画像~ (*^_^*)
今日職場で足元にいて、もう少しで踏んづけそうになったのが、このコクワガタ(♂) 
体長47㎜と、まぁまぁ立派な個体でしたが、やっぱり結局はコクワガタ・・・
ですがこうしてアップで撮ると、外国産のクワガタにも引けを取らずに、カッコイイですね!
a0125598_23531662.jpg
【コクワガタ (小鍬形) 学名: Dorcus rectus、クワガタムシ科・オオクワガタ属・コクワガタ亜属】
[PR]

by taibeach | 2011-06-03 22:22 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/12740074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kin at 2011-06-04 05:54 x
堂々たるコクワガタですね。
オオクワカダから見ると小さいかもしれませんが、
コクワガタという名・・彼らには不本意ですね^^

ホームセンターにはまた、よその国のでかいカブト無死クワガタが売られています。あれもなんとかならないのでしょうか。もうハイブリッドもいるようですね。
Commented by taibeach at 2011-06-04 19:12
kinさん
徳島にはオオクワガタは生息していないので、天然モノは見たことがありませんが、コクワガタは子供の頃から馴染みがあります。
このコクワガタ、他のクワガタからするとちょっと地味ですが、大切に育てれば2~3年も長生きしてくれます。

外来種でも、国産種でも、動物(植物)を飼育するなら、最後まで責任を持って育てて欲しいですね。
Commented by ことまる at 2011-06-04 21:19 x
エゴノキ・・苦いのですか。フグもそうです食べる勇気のある人がいてこの名前なのですね(笑)
コクワガタは長生きしますし、大人しいので飼いやすいです。うちのも2年いました。
外来種とのハイブリット、里山でも確認されてるらしいです。段々外国産のカブトムシやクワガタの値段も下がっていて買い易くて、捨て易いのでしょう・・・外来種の規制もう少し厳しくして欲しいです。今日もホームセンターに行ってきたら、ホテイアオイを無料配布していました。これも外来種で増えすぎて県内の三方五湖でも駆除されてるのに・・・安易に外来種入れすぎです。
Commented by taibeach at 2011-06-04 23:41
ことまるさん
どんなものでも、チャレンジャーはいるものですね。
まぁ、そんな先人チャレンジャー達のお陰で、今の食生活がある訳ですが・・・

我々の子供の頃は、立派な角を持った外国産のカブトムシは、図鑑の中の世界だけのものでしたが、今やスーパーなどでも安価に手に入るものとなってしまいました。
お金儲けのために、外来種に関して何の知識のない人たちでも簡単に手に入り、罪悪感もなく安易に捨てられてしまう、こんな商業主義はなんとかしなくてはいけませんね。
Commented by 尚 nao. at 2011-06-05 00:51 x
つい先日、車で通りすぎた道沿いにエゴノキの花、咲いてました。
いい時期を逃しがちな花で、たまたまタイミングがあっても
花のついた枝が遠くてなかなか写真に撮れないんですよね〜。

それにしても、もうコクワガタですか〜。見てないな〜。
Commented by taibeach at 2011-06-05 18:08
尚 nao.さん
エゴノキ、去年は花時期を逃してしまい、写真のような実になっていましたが、今年はうまく咲き始めを見ることができました。(^^)

コクワガタ、夏の燈火採集でも見つかるは、ほとんどがメスでオスは珍しいです。 このオスは、越冬個体でしょうか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 海のタワシ 淀川下って、ドンブラコ >>