山ホタル、海ホタル

今日は朝から、気持ちのいい晴れのお天気となった徳島県南。
昨日降った雨のせいでしょうか、気温もそう高くなく、過ごしやすい一日となりました。
今、徳島ではホタルの季節。 辺りが薄暗くなると、あちこちの小川でホタル達の乱舞が見られるということなので、昨日の夜に、知り合いから教えてもらったスポットに、見に行ってきました。
情報通り、幻想的なホタルの乱舞を見ることができたのですが、私のコンデジでは、ホタルの撮影はちょっと無理ですね… (>_<)  ホタルの光りが弱くて、遠目の写真は全然写っていない…orz
こんな情けない写真をアップするのは、かなり恥ずかしいのですが、まぁ、一応ホタルを見に行ってきましたよ!ってことで・・・     スンマセン、また勉強しておきます。
a0125598_20394545.jpg
さて、今日のタイトルの「山ホタル、海ホタル」、山ホタルは昆虫のホタルですが、海ホタルの方はというと、夜の海で青白い光を放つ、(カニやエビ、ミジンコ同じ)甲殻類の「ウミホタル」(海蛍)ではなくて、渚の貝ベルトで出合える貝の『ホタルガイ』(蛍貝)です。 
私のフィールドでは、ホタルガイよりひと回り小さなサイズの「ムシボタル」(虫蛍)も拾えますよ。
a0125598_2133242.jpg
このホタルガイ、名前にホタルと付いていますが、残念ながら生体も貝殻も光ることはありません。
このホタツガイの殻は、色彩変異が多いのですが、中でも黒っぽい個体の殻底の白色部分を、ホタルの発光器に見立てて、この和名がつけられたということです。
[PR]

by taibeach | 2011-06-06 21:04 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/12772304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2011-06-07 22:10 x
蛍がもう飛んでいるのですか!早いですね~!!
小さい巻き貝でムギガイは持っていますが、ホタルガイというのもあるのですね。小さくて集めるの・・米粒を拾う近畿よさが無いと無理そうです。
Commented by 尚 nao. at 2011-06-07 22:26 x
ホタルの季節ですね〜。
ゲンジボタルがいるところは狭くて車も入れないし行けないのですが
ヘイケボタルのいるところなら見に行けるんですよね。
でも昨年は行かなかったなぁ。今年は見に行ってみようかしら。

ホタルガイ、干潟の上にクネクネ、クルクルと這いずり回って
絵を描いてくれるのが見ていて楽しいです。
Commented by taibeach at 2011-06-07 23:28
ことまるさん
台風2号の雨による影響も少なく、多くの蛍の乱舞が見られたのですが、その様子を画像で伝えられないのが残念です・・・(>_<)

ムギガイ、私も渚にしゃがみ込んでよく拾いますが、このホタルガイは、ムギガイよりも一回り大きな貝殻なので、拾いやすいと思いますよ。
Commented by taibeach at 2011-06-07 23:44
尚 nao.さん
こちらではゲンジボタルが中心で、私はヘイケボタルって見たことがありません。
徳島の北、旧美郷村は「ホタルおよびその生息地」として、国の天然記念物に指定されいて、ゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタル、オバボタル、オオマドボタルの5種類の蛍が見られるそうなので、一度行ってみたいと思っていますが、ちょっと遠いんですよね~

ホタルガイが描く干潟絵、見てみたいです!(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< どちらの蔓(カズラ)? 海の山鳥 >>