“菖蒲”と書いて

梅雨が似合うものと言えば、ホタル、アマガエル、カタツムリ、紫陽花、そして・・・
a0125598_21432145.jpg
a0125598_21433685.jpg
ハナショウブ(花菖蒲)の花、様々な色の花があり、梅雨の、今頃が調度花の見頃ですね。
a0125598_21441435.jpga0125598_21442555.jpg









ハナショウブ(花菖蒲)は、ノハナショウブの園芸種で、アヤメ科アヤメ属の多年草。
普通“ショウブ”と聞くと、このハナショウブ(花菖蒲)のことを思い浮かべる人が多いと思います。
ですが、5月5日の端午の節句の日に入る「菖蒲湯」で、湯船の中に浮かべてある“ショウブ”は、このハナショウブの葉ではなく、サトイモ科ショウブ属のショウブ(菖蒲)なのです。

「どれも素晴らしくて、優劣が付け難い」という意味の慣用句、「いずれがアヤメかカキツバタ」という言葉がありますね。 同属のハナショウブ、アヤメ、カキツバタの3種は、よく似ていて見分け方が分からないという方もいらっしゃるかと思いますが、花の外花被片の模様で、簡単に見分けることができます。
アヤメの花には、外花被片に網目模様がありますが、ハナショウブとカキツバタにはありません。
外花被片に白い斑紋があるのがカキツバタで、外花被片に黄色い斑紋があるのがハナショウブといった具合に見分けられます。

さて、この3種の違いがよくわからない頃、「アヤメ」のことが知りたくて検索すると、「菖蒲」がヒットし、「菖蒲」を検索すると、「アヤメ」のことに辿りつきます。
どうやら、結局『アヤメ=菖蒲』ということらしくて、アヤメとショウブは同じ花なのか…?と少し混乱してしまいました・・・ 
調べてみたところ、古代からショウブは菖蒲(アヤメ)として人々に親しまれてきましたが、江戸時代の途中に、名前が「菖蒲(アヤメ)」から“ショウブ”に変更され、それまで「はなあやめ」と呼ばれていたものが菖蒲(アヤメ)と呼ばれるようになったそうです。
a0125598_0135797.jpg
アヤメは、葉が並列して立っていて美しい文(あや)があるという意味で「文目(アヤメ)」
また、花の外花被片の網目模様から「綾目(アヤメ)」と呼とも呼ばれているそうです。
a0125598_0141341.jpg
        【アヤメ(菖蒲、文目、綾目、学名:Iris sanguinea)アヤメ科アヤメ属】

ところで今日、私が何を言いたかったのかというと・・・
a0125598_0291912.jpg
『アヤメダカラ』が大好き~!! ということなんですけどね・・・(笑)
[PR]

by taibeach | 2011-06-14 23:58 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(12)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/12885590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろっかく at 2011-06-15 16:07 x
雨の雫がついた花びらがとってもきれいですね!
あやめ、菖蒲、カキツバタ、どれも同じに見えて区別が付きませんでした^^
これでやっと区別が付きそうです☆

ツヤツヤのアヤメダカラ、かわいいですね!
Commented by kin at 2011-06-15 20:07 x
なんとも上品な色ですね。
アヤメダカラ!!拾ってみたいです。

ハナショウブ・・・この色も日本の梅雨時を代表する色だと思います。
Commented by ことまる at 2011-06-15 20:48 x
アヤメ一杯咲いていてとてもきれいです。
花ショウブとアヤメ・・ホームセンターでも混在しています。
アヤメダカラ良いですね~!!!
タカラガイの種類の多さに感動です。
Commented by at 2011-06-15 21:02 x
青紫色が鮮烈ですね!
アヤメの紫も、貝の薄紫も美しい^^

じつは今日も仕事が休みでなおかつ大潮だったので、北の脇を小一時間歩きました。するとまたまた釣り番組の取材に出会ってしまったのです。今回はタイミングを見計らってどこの局か聞けたのですが、CSのスカイ…何とか…という聞きなれない局名でした^^
Commented by taibeach at 2011-06-15 21:25
ろっかくさん
私も今まで、ハナショウブ、アヤメ、カキツバタの見分けがつきませんでしたが、この見分け方なら簡単ですね。
アヤメダカラ、かわいいでしょう(^^)
私の大好きなタカラガイの一つです-♪
Commented by taibeach at 2011-06-15 21:40
kinさん
紫色=高貴な色というイメージがありますよね。
それは遡ること聖徳太子の時代、身分の階級によって使用できる色を決めた「冠位十二階」においても最高位の色とされていたからなのだそうです。
この紫を染める「紫根」がとても高価で染めにも高い技術を要する事も最上位の色となった理由とも言われていますよ。
ですが、ハナショウブの紫色は、私達にとって身近で親しみある色ですね。(^^)
Commented by taibeach at 2011-06-15 21:48
ことまるさん
去年の今頃、アヤメの写真が撮りたい!と思った時にはもう花期が終わっていました。 アヤメの花の時期は、ハナショウブよりも先なのですね。
このアヤメ、キレイでしょう!
個人のお宅のものなのですが、亡くなった奥様が育てておられたものを、御主人が今でも大切に育てておられるそうです。 天国の奥様への愛が、このアヤメたちを綺麗に咲かせるのでしょうね。
アヤメダカラ、徳島県南ではかなり打ち上げの少ない「レア・ダカラ」です。(^^)
Commented by taibeach at 2011-06-15 22:09
nさん
今日は梅雨の晴れ間で、良かったですね! 今日の成果はいかがでしたか?
ひょっとすると、最近は私よりも多く渚を歩かれているのでは?(^^)

釣り番組の取材、また遭遇されたのですね~(笑)
CSの番組じゃ、私もわかりません。 
Commented by 尚 nao. at 2011-06-15 22:36 x
アヤメダカラ、少し前にこちらのブログでも紹介しましたが
(hiroimonoの方です)
渋めというか和風というか微妙な色合いで綺麗ですよね。
こちらではまず拾えない貝ですけれど
そちらでは、そんなに拾えるのですね〜!
Commented by at 2011-06-16 00:29 x
おお、アヤメダカラ!

私も大好きです!なかなか状態のいいものには巡り会えませんが、たまーに艶が残っているものを拾うとホントに嬉しいです。
上品な色合いですよね。
あと、手に持ったときの独特な質感というか・・・たまりません。
Commented by taibeach at 2011-06-16 01:36
尚 nao. さん
尚さん所のアヤメダカラ、見ましたよ~! あのツルピカ・アヤメダカラは見事でしたね(^^)
私もあれからツルピカが拾えないかと、探して見ましたが、あれほどのものは見つかりませんでした。
アヤメダカラは、徳島では数が出ませんからね。 この写真のアヤメダカラも、高知のいつもの浜産のもの(BC2回分)なんです。
あの時には一年待ったアヤメの写真も撮れて、準備は出来ていたのですが、あの頃はネタもいっぱいありましたからね。
いつの間にやらアヤメの季節が、ハナショウブの季節になってしまいました・・・(笑)
Commented by taibeach at 2011-06-16 01:50
朔さん
アヤメダカラ、この淡い紫色がなんとも素敵ですよね~(^^)
徳島の渚ではあまり拾えないのですが、高知まで行くと必ず数個は拾えます。
ただ、磯場の打ち上げなので、超一級品にはめぐり会えませんが、この優しい色合いを見つめるだけで満足です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 解体ショー 梅雨が育てる >>