宝物

a0125598_228221.jpg

a0125598_2283395.jpg今日の私は、職場にお休みをいただいて(そう言えば、今週は全然仕事してないなぁ・・・)、年に一度の“鳥の気持ちになる日”!?
・・・ごめんなさい、無視して下さいね。m(_ _)m 
今年はシステムが変わったようで、すごく時間がかかってしまったな・・・
よく病院で、自分より受付の順番が後だった人が、先に診察に呼ばれてたりすると、怒って文句を言う人がいるけど、なんだか気持が分かるような気がしたね。 (でもまぁ、順番が後先するのには、ちゃんとした理由があるんだけどね~)  皆さん、病院では気長に待ちましょうね!
結果は概ね正常値の健康体。 でも視力がまた落ちていた・・・(T_T) パソコンの見過ぎだなorz
しかし、バリウムはいかんね。  いまだに・・・ イヤ、やめておこう。(笑)

さて、健診の帰りに大切な用事があって立ち寄った、文化の森の徳島県立博物館では、1階企画展示室において、7月15日より夏休み特別企画として、特別陳列 『博物館のもの』を開催中!!
徳島博物館の収蔵資料約49万点の中から、選りすぐりの逸品=“もの”を一挙公開しています。
a0125598_22375650.jpga0125598_22383428.jpg









a0125598_22401880.jpg









企画展示室に一歩足を踏み入れると、正面には迫力ある「タイリクオオカミ」と「オサガメ」の剥製がお出迎えしてくれますよ!
a0125598_22412893.jpga0125598_22414650.jpg









その他、どんな素晴らしい宝物が展示されているかは、皆さん見てのお楽しみ!ということで、来館して実物を見て頂きたいのですが、私が気になったものを1つだけご紹介。
1823年にオランダ商館付き医師として長崎に着任し、日本の歴史・地理・言語・動植物などを研究したドイツの動物学者「シーボルト」の『日本動物誌』 
a0125598_22431090.jpg
シーボルトが持ち帰った動物標本や、日本人絵師の川原慶賀などが描いた下絵を元に描かれた絵図は、とにかく素晴らしいの一言です!
a0125598_22433482.jpg
さてさて、徳島県では多くの小・中学校、高校が台風一過の20日から夏休みに入りました。
そこでどうでしょう? 夏休みには家族揃って、博物館選りすぐりのものを見に行くというのは?
嬉しいことに、この展示は観覧料も“無料”ですしね~! (*^_^*)
a0125598_23532780.jpg
『ギボウシ』(擬珠) (英名の「デイリリー」は、花の寿命は短く一日でしぼんでしまうことから)

東アジア原産で40種ほどがあるが、種間雑種ができやすく(特に栽培品種には多い)分類には諸説ある。 江戸時代の日本で変異個体が多数園芸品種として固定され、さらにこれがシーボルトらによってヨーロッパに紹介されてヨーロッパでも多くの品種が育成された。(ウィキペディアより抜粋)
[PR]

by taibeach | 2011-07-22 22:44 | 博物館・水族館 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/13122920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2011-07-23 20:33 x
あ~人間ドック・・(涙)お疲れ様です。
うちの人も年に一回まな板の鯉の気分を味わうとどんよりしています。
夏休みの博物館のイベント楽しいですね!!
シーボルト関係、特に絵図は素晴らしいです♪見てみたいです。
Commented by taibeach at 2011-07-23 21:43
ことまるさん
ははは・・・(^_^;) ありがとうございます。
毎年言っていますが、あの生ぬるいバリウム、どうにかなりませんかねぇ・・・  
マックのシェイクみたいに冷たく冷えていて、チョコやバニラ、イチゴなど、好きな味が選べたらいいのにねぇ(笑)
シーボルトの図譜は、素晴らしいですね~!
日本人絵師・川原慶賀が描いた下絵の実物があれば、是非見てみたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 奇祭 シンボル海を行く 大丈夫か?ウミガメの浜 >>