畜油中

今日の徳島県南、真夏の太陽が帰って来て、また暑~い一日となりました。
午後からは山の方に雲がかかってきたので、夕立でもあるかもと期待したのですが、結局雨は降らず・・・ 今夜は寝苦しいかも~(≡д≡) 
a0125598_2263169.jpg
先日通りかかった県南のとある畑では、ケイトウの花の収獲の真っ最中。 真夏のギラギラ太陽に負けないくらいに、まるで燃え盛る炎のような、真っ赤な花を咲かせていました。
a0125598_2264934.jpg


さて、昨日はマーゴン置き土産の、ドウダイグサ科の珍しい漂着種子を紹介しましたが、6月の初めにキレイな花を咲かせていた、同じドウダイグサ科のアブラギリ。
a0125598_22352499.jpga0125598_22353899.jpg









今はこんな立派な実が☟たくさん実っていましたよ。 
このアブラギリの種子から採れる油、何かの燃料に利用出来ませんかねぇ~?
a0125598_2235536.jpg
         【アブラギリ (油桐) 学名:Vernicia cordata  トウダイグサ科】
[PR]

by taibeach | 2011-07-28 22:54 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/13156115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2011-07-28 23:12 x
最近ケイトウの花減りました。
久しぶりに一杯咲いているのを見せて頂きました。
一昔前なら小学校の庭にはヘチマ・ひまわり・ケイトウ・ホウセンカが咲いていたのですが・・・最近じゃ園庭も少なくなりました。
アブラギリの若い実って集って実っているのですね。
こちらでもkinさんフィールドの方でアブラギリの植物油を復活させようと数年前から活発に活動されている方達が居ます。ウチは・・・とりあえず脂ぎりの葉っぱでマスの葉の押しすしの季節だなと思ってるくらいです・・(笑)
Commented by kin at 2011-07-29 17:00 x
アブラギリといえばオカメの材料です。
今年も作ろうかな^^
Commented by taibeach at 2011-07-29 22:41
ことまるさん
こちらではお盆用の花として、農家の方が栽培されているようです。
ウィキを見ると、“ケイトウの花と葉は、かつて日本では食用植物として栽培されていた時期がある”なんて記述があったりして、ちょっとビックリです。 キレイなだけじゃなく、食べられるんだ・・・(笑)

小学校の庭、今は緑のカーテン・ブームで、アサガオ・ヒョウタン・ゴーヤ、そして懐かしのヘチマも栽培が盛んですね!

アブラギリの植物油の復活大作戦! とても面白そうですね!
アブラギリの葉っぱで、マスの葉の押し寿し! そちらは美味しそうです!
Commented by taibeach at 2011-07-29 22:50
kinさん
アブラギリ48、素敵な作品でしたね!(^^)
AKBには姉妹ユニット、SEK48、NMB48、SDN48がありますから、アブラギリ48にも姉妹ユニットをお願いします!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 一雨ほしい・・・ 赤道を越えて、プカプカ・・・? >>