漂着種子を育てる -蓮華-Part2

私のお盆休み初日、マーゴン&ムイファーの置き土産を求めて渚に!・・・行くはずでしたが、今日はお葬式があり、先程帰ってきました。
今朝の「-蓮華-Part1」で、お盆の花としてアップした蓮の花。
この蓮の花は、大きくて華やかな、とても美しい花を咲かせるのですが、実は早朝に咲き始めてお昼には閉じてしまうので、残念ながら生け花には向いていません。
今日行ったお葬式の生花にも、実は蓮の花が使われていたのですが、それは花弁がすべて散ってしまった後に残った、「花托」(花柄の先端で、花びら・雄しべ・雌しべ・萼などがつく部分)と呼ばれるものが活けられていました。
a0125598_21492340.jpga0125598_21494062.jpg









a0125598_2150486.jpg
この花托の部分が成長し熟すと、やがて「果托」へと変化します。 
そしてその果托が乾燥すると、ドングリに似た蓮の実(種子)がこぼれ落ち、池や沼から川そして海へと流れ出して、渚へと漂着して来るというわけです。
a0125598_22144841.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-08-12 22:15 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/13269371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろっかく at 2011-08-13 15:53 x
果托や種子がわたしの行く浜に沢山落ちていることがあります。
海の横に公園があってそこの蓮池から来た物だとおもうのですが。
蓮の花、そろそろ終わりかけていました^^
Commented by taibeach at 2011-08-13 19:15
ろっかくさん
蓮の花は咲き始めてから、大体4日目に花びらが散ってしまうのだそうです。 それも花が開くのは午前中だけ、早朝BCのついでに見に行くのが、ちょうど見頃でしょうか?(^^)
実は私の花の写真も、先月中旬のもの。 今は果托ばかりですね。(笑)
Commented by ことまる at 2011-08-14 21:29 x
青いうちのハスの実は食べれるそうで、中華のデザートにも使われますね。
ハスの葉っぱでくるんで蒸した鶏の方が好きですけど(笑)絶品です。
Commented by taibeach at 2011-08-14 22:21
ことまるさん
食感は生のトウモロコシに似ているそうですね。
蓮の実で作った月餅や最中や甘納豆、ぜひ食べてみたいです(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 漂着種子を育てる -蓮華-Part3 漂着種子を育てる -蓮華-Part1 >>