漂着種子を育てる -蓮華-Part4

蓮の種子は堅い種皮に覆われているので、そのまま水に浮かべておいても、いくら待っても発芽してくることはありませんが、Part3で種皮をカットした蓮の種子を、水を張った瓶に入れて吸水させると、早いものではその次の日には、驚くほど簡単に発芽してきます。
a0125598_15592717.jpg
a0125598_1602411.jpg
a0125598_15594437.jpga0125598_15595594.jpg









発芽後の芽の成長も早く、午前中クルンと丸まっていた芽も、午後にはフラミンゴの首のように、水面に向かってスッと伸びてきます。
a0125598_160339.jpg

[PR]

by taibeach | 2011-08-14 16:10 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/13282204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2011-08-14 21:30 x
水中だと芽がきれいに出るのですね~!!
凄いです!
植木鉢に植えたのはウチのも枯れました(涙)
Commented by taibeach at 2011-08-14 22:40
ことまるさん
私も春の発芽実験では、芽が出たそのすぐ後に枯れてしまいましたから・・・
池沼の植物ですから、やはり水中で育てるようですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 蔦の葉 漂着種子を育てる -蓮華-Part3 >>