ウニウニ大行進! その3・喇叭海胆

昨日は、県南・牟岐の渚で拾ったラッパウニの記事を書きましたが、去年の春に県南の渚で拾ったウニたちを紹介しようとして、ムラサキウニをアップしただけで終わってしまっていたウニの中に、ラッパウニの画像があったので、この際に便乗アップ!~(=^‥^ ;)
このラッパウニは、去年の5月に下明丸の浜で拾ったもの。
拾った時は、ムラサキウニとバフンウニくらいしか打ち上げで拾ったことがなく、なんという種類ウニだか分からなかったので、尚さんのブログで調べてラッパウニだと知りました。
a0125598_210487.jpg
殻径が約10cmにもなる大きなラッパウニは、アリストテレスのランタン(ウニ類の口部にある咀嚼器官)もやっぱりデカく・・・
a0125598_211089.jpg
ランタンの高さ?は、約3センチもあります!☟
a0125598_2119100.jpg
大きくて丈夫なラッパウニの殻は、電球を仕込めば素敵なランプができそうです。o(*^▽^*)o~♪
a0125598_211189.jpg
【ラッパウニ(喇叭海胆)、学名:Toxopneustes pileolus 、棘皮動物門ウニ綱ラッパウニ科】
[PR]

by taibeach | 2012-01-14 21:31 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/14421702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2012-01-15 20:25 x
でっかいです!
ウニ本体がでかいとアリストテレスの・・もでっかいですね~!!!
三センチって・・小さめなバフンウニの高さより大きいですね。ご立派です(笑)
Commented by taibeach at 2012-01-15 20:58
ことまるさん
デカいでしょう~!ラッパウニのアリストテレスのランタン
このでっかい口で齧られたら、すごく痛そうですよね!(^^;)
Commented by ぱんだ at 2012-01-15 23:00 x
こんな大きな殻が割れずに打ち上げられることは珍しいでしょうね。殻の厚さもそうとうあるのでしょうか?
こちらでは、ムラサキウニ・サンショウウニの大きなものは見ることがありますが、ラッパウニは一度も見たことがありません。
Commented by taibeach at 2012-01-16 18:30
ぱんださん
バフンウニのクリスマスツリーが作りたくて、ウニの殻を拾い始めたのが一昨年の秋。
ラッパウニの殻を拾ったのは、今回で2度目なのですが、2回とも割れていませんでした。 そんなに特別殻が厚いとは感じませんが、ブンブクなどと違い、殻が丈夫で割れにくいのかもしれませんね。
こちらでは意外と、サンショウウニの殻って見かけませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウニウニ大行進! その4・白鬚海胆 その楽器、危険につき注意 >>