ウニウニ大行進! その12・大文福

今日の徳島南部、幸いなことに心配されていた雪は降らなかったようですが、明らかに昨日よりも寒い!(≡д≡) 今朝の最低気温は、徳島市で-0.2 ℃、県西部の池田で-2.2 ℃、県南部・美波町-2.5℃、海陽町-5.2℃と、徳島県の8つの観測所のうち、阿南市蒲生田の0.4℃を除くすべての地点で氷点下となる厳しい冷え込みの朝となりました。  
しかし、最南部の海陽町で-5.2℃って、いくらなんでも寒過ぎでしょう~!┛)"0"(┗


さて、徳島県南の渚で拾ったウニシリーズ。 今日からはブンブクのお仲間です。
トップバッターは、県南の渚ではよく拾うことのできる、「オオブンブク」です。
a0125598_20164690.jpga0125598_20172312.jpg









オオブンブクは、本州、四国、九州の沿岸の、潮間帯から水深数メートルの砂利交じりの磯の砂中に、数センチだけ潜って生活している、ブンブクのお仲間の中で、最も浅い所に生息している種類のブンブク。
殻の長径が10センチにもなる大型種のブンブクですが、他のブンブクよりも比較的殻が丈夫なのか、砂利浜に打ち上げられていても、割と無傷な殻を拾うことができます。
a0125598_20182293.jpg
オオブンブクの特徴と言えば、なんといっても『大』の字型の花紋ですが、ブンブクのお口から殻の中を覗いてみたら、☟素敵な宇宙人が見えましたよ!(笑)
a0125598_2018499.jpg
   【オオブンブク (大文福)、学名:Brissus agassizii 、ウニ綱ブンブク目オオブンブク科】
[PR]

by taibeach | 2012-01-26 20:51 | 海の生き物 | Trackback | Comments(14)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/14525618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぱんだ at 2012-01-26 21:54 x
オオブンブク。
私は、鶉の卵のような小さな物なら拾っていますが、、
大きな物は割れているものしかみたことがありません。
Commented by 尚 nao. at 2012-01-27 00:25 x
ブンブク、滅多に見られませんけど
こちらで拾えるチャンスが多いのは、これからの早春の時期なんですよね。
まぁ今は海に行く時間を取れるのか…というのが大きな問題ですが。
Commented by まあちゃん at 2012-01-27 10:28 x
やっぱり、オオブンブクだった!!!
昨日の画像で^^
私、大好きなんですよねぇ~
私の中では髭男爵*^-^*
これを見つけるとつい、砂浜で「髭男爵おったぁ~」
と叫んでいます(笑)
残念な事に他のブンブクは拾ったことがないんですよねぇ(><)次回に登場するのかしら?
Commented by taibeach at 2012-01-27 19:12
ぱんださん
こちらでも多いのは鶏の卵サイズですが、たま~に3枚目の画像のような10㎝クラスの大きなやつも拾えます。(1枚目のは、ちょっと割れていましたが・・・ ^^;)
Commented by kin at 2012-01-27 19:17 x
こちらでもたまに見かけますがなかなか完品には出会えません
波風が強いせいもあるのかあっても穴あきや欠けたのです。
オオブンブクの内宇宙・・・素敵ですね!
Commented by taibeach at 2012-01-27 20:14
尚 nao.さん
こちらでもこれからの時期に、ブンブクの漂着が多くなりますが、オオブンブクは4~7月が多い感じです。
ブンブクは殻がもろいので、漂白には気を使います・・・
Commented by taibeach at 2012-01-27 20:20
まあちゃんさん
さすがですね! ウニ好きのまあちゃんさんには、簡単な問題だったかな?(笑)
髭男爵! ハハハ、いいですね~! 私もこれからは、オオブンブクをGETした時には、「ルネッサ~ンス!! (*^ー^)/▼☆▼ヽ(^ー^*) チ♪」って、叫んじゃいましょうかな。(笑)
Commented by taibeach at 2012-01-27 20:32
kinさん
ブンブクの仲間は殻が弱くてが、穴開きのない完品はなかなか拾えませんね。
ブンブクの中の宇宙、なんだか神秘的です。
Commented by ことまる at 2012-01-27 22:45 x
え!?このビックサイズのオオブンブクが打ちあがるのですか?羨ましすぎる~!!
ぱんださんの仰るミニサイズは浜で拾えても、この大きさは潜って拾った(?)のだけです。
Commented by taibeach at 2012-01-27 23:51
ことまるさん
こんなデカイのが拾えるのは、ホントたま~になんですけどね。
実は私だけのオオブンブクが拾える、スポットがあるんです。
そこに行けば、完品のオオブンブクがよく拾えます。(^^) 
Commented by ゆい at 2015-02-22 15:41 x
はじめまして!
ウニの名前を調べてて、ここにたどりつきました(*^^*)

そして驚きました!
牟岐の浜でブンブク拾えるのですね(✽ ゚д゚ ✽)
実は私も牟岐です。
ブンブクやタコノマクラに出会いたいのに
なかなかです(。ŏ﹏ŏ)

またちょくちょく覗かせてもらいます??
Commented by taibeach at 2015-02-22 20:03
ゆいさん
いらっしゃい! バットマンの女の子版ツッカケを拾われたゆいさんですよね。(^^)
オオブンブクの殻、私が拾ったのは水落辺りの渚(海岸の名前はわかりません) オオブンブクやタコノマクラは磯場が近くにある海岸がいいみたいです。
タコノマクラは、宍喰の長浜海岸が荒れた後などに行くと、(必ずではありませんが)拾うことができるかもしれません。
Commented by ゆい at 2015-02-22 21:45 x
そうです!バットマン女の子版拾ったゆいです!
コメントしてから同じ方だと気付きました^^;

磯近くなら内妻海岸も可能性はなくもないですね!!
長浜海岸も行ってみます??
大砂海岸や古江、内妻海岸、白浜海岸はよく行くのですが��妻宍宍喰はまだ行ったことがなかったです(*^^*)

子供二人も海が好きなのでビーチコーミングは
やめられません(*゚∀゚)
Commented by taibeach at 2015-02-23 18:41
ゆいさん
うれしいですね~! そんなご家族で海好きというビーチコーマーさんが地元にいらっしゃるなんて-♪

オオブンブク、私は内妻ではまだ見つけたことがないのですが、磯の小石まじりの砂地に潜って生息しているそうなので、拾える可能性はあると思います。
すぐには出会えないかもしれませんが、あきらめずに歩き続けていればいつか拾えると思いますよ。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ウニウニ大行進! その13・文福茶釜 着綿 >>