漂着種子から

ハマダイコンの角果(果実)が、たわわに実っていた憲法記念日の田井ノ浜の渚。
このハマダイコンの若い果実は、一夜漬けやサラダにして食べられるのだそうですよ。
a0125598_19182383.jpg
そんな田井ノ浜の砂浜からは、どこかで見たような☟植物が芽を出していました。
a0125598_19183665.jpg
どんな植物なのかはすぐに分かりましたが、確かめるために砂をほじくり返してみると・・・
やっぱりありました! 漂着種子としては、ポピュラーなオニグルミ種子の殻が!ヾ(@^▽^@)ノ 
a0125598_19193283.jpg
昨年漂着したオニグルミが、季節風よって砂の中に埋められ、こうして芽を出したのでしょうね。
a0125598_19423966.jpg
こんな風に、漂着種子が渚で芽を出すということはよくあることですが、南方系の漂着種子が芽を出すことは非常に稀なことです。
ですが、今徳島県立博物館で開催中の漂着展・『海からどんぶらこ -浜辺の漂着物-』の会場では、昨年11月に海陽町の海岸で発芽した状態で見つかった、東南アジアや南太平洋に分布する植物の『ゴバンノアシ』(サガリバナ科)の種子が展示されていますので、是非見に来て下さいね~!
[PR]

by taibeach | 2012-05-07 20:30 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/15240227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2012-05-07 22:28
ゴバンノアシ、芽吹いていたのですか、いいですねぇ~!!
Commented by まっちゃん at 2012-05-08 17:57 x
ハマダイコン(の実)って食べられるんですね♪
全然知りませんでした。

勉強になります。。。感謝です(^^);
Commented by taibeach at 2012-05-08 19:19
Shigeさん
見つかったゴバンノアシは、昨年の台風によって打ち上げられた、大量の漂着物の中から見つかったそうです。
乾燥することなく、湿潤状態が保たれていたのが良かったようです。 去年は、11月中旬までは気温も高かったですしね。
Commented by taibeach at 2012-05-08 19:23
まっちゃんさん
いえいえ、私自身はまだ実食したことはないんですよ。(^^;)
でも一度、渚の植物料理を試してみたいと思っています。
Commented by ことまる at 2012-05-08 20:52 x
ハマダイコンのサヤって食べれるのですね。
しゃきしゃきして美味しそうです。
次いくまでに硬くなって無かったら試食してみたいです。まずはそろそろニセアカシアの花です♪
Commented by taibeach at 2012-05-08 21:00
ことまるさん
私は今が旬のスナップエンドウが大好きで、親父さんに作ってもらってよく食べているのですが、ハマダイコンンの莢もそんな感じなのでしょうかねぇ?  
今度近いうちに、味見してみま~す。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 出た! 渚のヒーロー列伝! Part5... >>