世界の中心で、ドキをひろう (前編)

今朝は鳴門に行く用事があったので、ちょっと足を延ばして、徳島県のお隣・うどん県(香川県)に行ってきましたよ~! (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
a0125598_1952286.jpg
目的地は、四国最北端に位置する高松市の庵治町。 
日本三大石材産地の一つ庵治石の産地としても知られていますが、2004年公開された映画、“セカチュー”=「世界の中心で、愛をさけぶ」(YouTube)の映画ロケがおこなわれたことで、一躍有名になりました。
原作は、片山恭一による同名ベストセラー小説。 監督、脚本は、行定勲。 
主演は大沢たかお(松本朔太郎役)と、その恋人に柴崎コウ(藤村律子役)。 そして、高校時代の朔太郎役を森山未來が、廣瀬亜紀を長澤まさみが自然体で演じていました。
平井堅さんが歌った主題歌の『瞳をとじて』(YouTube)も大ヒットしたよね-♪
確か、5,6年前に訪れたことがあったんだけれど、昨日の夜に、DVDで映画『モテキ』(公式サイト)を見たら、なんだか無性にもう一回行きたくなってしまいました。(笑)
a0125598_19521666.jpg

a0125598_19523578.jpg
サク(森山未來)とアキ(長澤まさみ)が、夕日を見つめて語り合った防波堤に上がってみたり
a0125598_1952441.jpg
a0125598_19525781.jpg
朔太郎(大沢たかお)が、十数年前のアキからのメッセージが入ったテープを聞いた「江の浜」の渚を歩いてみたりしました。(*⌒∇⌒*)テヘ♪
a0125598_1953624.jpg
江の浜の渚には、こんな土器片が多数落ちていました。    この土器片は・・・ 続く(^^)
a0125598_1953175.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-06-03 21:10 | 瀬戸内海 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/15480815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2012-06-03 22:11 x
すっかりご無沙汰してます。
映画とか実は全然見てないのですけど、こちらの三浦半島でも
映画やドラマの撮影が良くおこなわれてます。

土器片はけっこう古そうな感じですね。いつごろのなんでしょう。
Commented at 2012-06-03 22:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taibeach at 2012-06-04 18:08
尚 nao.さん
お久ぶりです。 お元気でしょうか?(^^)
私もドラマや映画を見ていて、時々気付くことがあるのですが、そちらの海岸などはよく出てきますね~!

徳島でも海岸で、弥生土器や土師器、須恵器などの土器が拾えるので、もしや・・・と思ったのですが、ここのはどうやら違うような感じです。(^^;)
Commented by taibeach at 2012-06-04 18:50
鍵コメさん
了解で~す!
Commented by ことまる at 2012-06-04 20:19 x
荒い感じの陶片ですが、いつの時代のなのでしょう?
ドラマや映画の撮影場所・・みじかにそんな場所があるのは凄いですね~こっちでは早々無いですから(笑)
Commented by taibeach at 2012-06-04 23:00
ことまるさん
香川県は打製石器、磨製石器に加工され使われていたサヌカイトが産出された地なので(・・・と言っても、坂出の方ですが)古来から交易が盛んだった土地柄・・・
徳島県の渚の例があるので、渚で土器片を見つけると、ちょっと期待してしまうのですが、どうやらこの土器片はそんなに古いものではないようです。(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 番外編 : “セカチュー”の町を歩く 誰・・・? 鉄腕バッタモン >>