ガスボンベ

一昨日の天気予報では、昨日の徳島県南部は午後から下り坂という予報だったので、雨が降り出す前に高知県東洋町の渚まで巡回してこようと、気合を入れて家を朝6時に出発しましたよ!

まず最初に歩いたのは、県南・海陽町の宍喰大手海岸のいつもの渚。
台風4号で打ち上げられた漂着物が山盛りの渚を想像していたのですが、金曜日の物凄い大雨によって、再び海に流れ出てしまったみたいです。
a0125598_18141457.jpg
そんな渚に、あの雨にも流されず、デンと転がっていたのが☟このガスボンベ。
a0125598_18141971.jpg
ボンベの表面に書かれている文字はすべて英語で、いかにも日本製のものではない感じ・・・
生産国もプリントされてないし、どこか英語圏のボンベなのかと思いましたが、ボンベにプリントされていた【REFRIGERANT(冷却剤、冷媒)  R407C】というピントを頼りにネットで検索していくと、中国の「北京 Starget 化成株式会社」という会社が製造している、エアコン用の冷却剤のガスシリンダーだと判明しましたよ。
[PR]

by taibeach | 2012-06-24 19:04 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/15630663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2012-06-24 22:05 x
そんな細かな事までつきとめてしまうとは、流石ですね^^
こういうのが流れてきているとは、廃棄物処理やリサイクルに関する規定がまだまだ甘いのでしょうかね・・・?

今日は私も干潮に合わせていつものビーチを歩きましたが、
あまりいい収穫はありませんでした。
人工的な溝の入った石錘は全く見つからず、 平らな石の両端に欠けがあれば、「これも石錘じゃないのか・・・?」とあれもこれもが石錘に見えてくる始末でした(苦笑)
陶磁器は明治物の破片を10点以上見ました。拾いませんでしたが・・・。
Commented by taibeach at 2012-06-25 17:50
n さん
しかし、ネット検索というのはスゴイですね!
英語のサイトばかり出てきた時には、ちょっと怯みましたが、画像検索でなんとかたどり着きました。(^^;)
このボンベ(シリンダー)は一応回収して、リサイクルするようになっているらしいのですが、どこか使用後の管理が悪かった所から流出したのものでしょう。
私の石錘、昨日T先生に見て頂きました。 1つだけではなんなので、やっぱりもっと資料を集めなければなりませんね。
Commented by ことまる at 2012-06-25 20:52 x
ガスボンベは中身入りやバルブの壊れてるかも・・とか、何が起こるかわからないのが怖いです。
このタイプのうす緑色のは、韓国製でこちらでも見ました。付着物が無くてきれいなのは、船からの廃棄物では・・って疑ってしまいたくなります。
Commented by taibeach at 2012-06-25 23:25
ことまるさん
漂着したプロパンガスのボンベや消火器などがあると、ちょっと怖いですよね。
このガスシリンダーも付着物はありませんでしたが、プロパンボンベよりも軽く、潮の流れや風の影響を受けやすそうな感じなので、思ったより早く流れ着くのかもしれませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 海豆兄弟 番外編:うみぎり >>