ルネッサ~ンス!!

日曜日、鳴門大毛島の千鳥ヶ浜を歩いた後に向かったのが、同じく大毛島にある巨大な南欧風リゾートホテル、「ルネッサンスリゾートナルト」の南側の渚。
a0125598_18521533.jpg
大毛島に来た時は、いつも千鳥ヶ浜か、竜宮の磯周辺の砂浜しか歩くことがなくて、ここの渚は、いつもなら素通りしてしまう場所なのですが、この日は夕方までたっぷりと時間があったので、歩いてみることにしました。
歩いてみて分かったのですが、ベトナムものは寄っていませんでしたが、少量ではありますが、意外とオレンジ浮きや豆浮きなどの中華系の浮きやペットボトルが漂着していました。
a0125598_18522884.jpga0125598_18523734.jpg







そんなR.R.N 横にある渚の、アシや流木などが溜まった漂着帯を歩いていたところ・・・
a0125598_1853537.jpg
ジャ~ン! ナント、ナント! ココヤシの実を発見!! 
黒潮から別れた南方からの流れが、紀伊半島沿いに北上し、この渚にも届いていたのですね!
a0125598_18531599.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-08-21 20:02 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/16007774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2012-08-21 22:13 x
南に近いので、ココヤシの実の外果皮もあまりエージングされていなくてまだまだ美しいのですね。
Commented by とーま at 2012-08-22 04:35 x
おお、これが鳴門で見つけられたココヤシですか!
小松海岸や月見ヶ丘、里浦の大手海岸に流れ着くことなく、よく鳴門海峡近くまで流れてきたものですねー。
こういうことがあるのですから、もしかしたら足繁く通ってさえいれば、いつか鳴門で海豆が拾える日が来るのかもしれませんw
Commented by taibeach at 2012-08-22 19:34
ことまるさん
南に近いというか、こちらでもココヤシのエージング具合は様々ですよ。(^^)
エージング具合は、漂流期間も関係しているでしょうが、母木から実が落ち、海に出て漂流するまでの期間も関係していると考えています。
流出先を台風が襲い実が落ちた場合や、南国から日本に台風が来た場合などは、割ときれいなココヤシが流れ着きますね。
Commented by taibeach at 2012-08-22 20:01
とーまさん
そうです!これがお話していたココヤシですよ。
紀伊半島に当たり、沿岸を北上した黒潮の分流は、淡路島からまずはこの辺りの渚に達し、それから南下するのではないでしょうかねぇ。
だから、千鳥ヶ浜でオウムガイやベトナムキャンディー浮きが拾えたのでしょう。 海豆も可能性大です!(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 最大の失敗 雨にも負けず浜歩き 最終回 「... >>