アダンズ・ファミリー

台風17号が、徳島県の南海上を通過した9月30日。
徳島に最接近中だった、午後2時過ぎの田井ノ浜の渚は、横殴りの雨風でこんな具合でしたが、その2時間後には台風の雲は過去り、青空が広がり始めたので再び渚へと出かけてみました。
a0125598_22565135.jpg
台風の大波をも吹き戻しそうな勢いの猛烈な北風の影響で、渚の漂着物は台風後とは思えないくらいの少なさ・・・
そんな田井ノ浜の渚には、古代魚を連想させるような、頑丈そうな鱗に覆われた魚の干物が打ち上げれれていました。
a0125598_22572591.jpg
 
この魚は、マツカサウオ(松笠魚 Monocentris japonica) 松ぼっくりのような鱗が、この和名の由来ですが、その硬い鱗が鎧をまとったようなので、ヨロイウオ(鎧魚)とも呼ばれるそうです。


さて今回の漂着帯にはモノが少なく、また南方からの流れが寄せられたような雰囲気はなかったのですが、沖縄や奄美地方で大暴れした台風が運んできたのでしょうか?
なぜだか、去年は1個も拾えなかったアダンが、一挙に4個も漂着していました。a0125598_2315287.jpga0125598_2322389.jpg










a0125598_2322867.jpg


さてさて、今回の台風では、猛烈な北風が吹き荒れたので、徳島の渚はどこに行ってもダメだろうな・・・ なんて半ば諦めていたのですが・・・ ! そう言えば、多くが南東方向に開けている徳島の渚にも、一つだけ北向きに開けている渚があったじゃないか~! ・・・と、昨日仕事が終わって車をぶっ飛ばして向かった阿南の蒲生田海岸でしたが、もうすでにビーチコーマー仲間のとーまさんが、この日の午前中に、歩かれた後だったようで、何にも残っていませんでした・・・
a0125598_232488.jpg
そっか~あの漂着帯に沿ってあった幾筋もの足跡は、とーまさんのものだったのか~!(^^;)
[PR]

by taibeach | 2012-10-03 00:10 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/16496674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とーま at 2012-10-03 05:20 x
ははは、本当に入れ違いでしたねw
とはいえ、やはり新しい漂着物の中にも、南方由来のものは殆どなかったと思います。
シロツブやイルカンダ(?)も、前から漂着していたものが波で洗われて再漂着したような感じでしたねー。
アダンはまだ拾ったことがないので、是非拾ってみたいです。
沢山漂着していたようで羨ましいなぁ・・・。
Commented by taibeach at 2012-10-03 19:36
とーまさん
ハハハ、私はやっぱりアダンよりも、シロツブやイルカンダの方がいいですけどね。(笑)
蒲生田の渚は、台風の後にしては漂着物が少なかったですね。
やはり北向きの風が、沖の漂着物をブロックしていたのでしょうか?
Commented by 尚 nao. at 2012-10-03 22:19 x
今回の漂着種子祭りでは、アダンも何個か拾えました。
地元では過去にも拾っていますが、数個出るのは初めてかも。
沖縄の海岸に行くとごく普通に見られる植物ですから
もっと流れ着いてもよさそうな感じがしますが
目立たないせいか意外と見る機会が少ないようです。
Commented by taibeach at 2012-10-03 22:38
尚 nao. さん
沖縄の浜辺の写真と言えば、必ずと言っていいくらいに、アダンの木が一緒に写っていますよね。
浮力も十分にあり、こちらの渚にもいくらでも漂着しそうなのですが、去年のように一つも拾えない年もあるから、なんとも不思議です。(^^;)
Commented by ことまる at 2012-10-04 16:50 x
マツカサウオ、半端ない鱗の鎧ですね。
そして、アダンをいくつも見つけられるとは~良いですね~!!
近場流出の割りに見られないって面白いですね。
Commented by taibeach at 2012-10-04 18:35
ことまるさん
このマツカサウオ、もうすでに干物になっていましたが、鎧のような鱗を持っていて、なかなかカッコイイ魚ですね!
徳島近海の海流のせいでしょうか? 沖縄・九州方面のものより、大阪・和歌山のものが多く漂着しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 流出阻止! 使えるモノと、使えないモノ >>