高知ビーチコーミング旅2012 その4(小室の浜)

興津海岸の西側にあるのが小室の浜、そして東側にあるのが興津海水浴場。
写真の右側の松林☟には、興津青少年旅行村があるのですが、興津に渚を訪れる観光客は、旅行村の駐車場に車を停めて、この辺りから渚に出ることになります。
a0125598_20124159.jpg
徳島の海水浴場の場合、海水浴場の営業が終わると海岸清掃もされなくなり、今頃には秋台風の漂着物が残っている場合が多いのですが、ここ興津海水浴場の渚では、キレイさっぱり、な~んにも残っていません・・・
浜歩きの途中に出会った、犬の散歩中のおじさんにそのことを聞いてみたところ、一年を通じて、ボランティアさんが浜掃除をされているのだという答え。  なるほど、どおりで・・・(^^;)

そんなきれい浜掃除された渚には、☟こんなキノコが生えていました。
徳島の渚でよく見かけるキノコとは、種類が違うようですが、なんというキノコなのでしょうね?
a0125598_20125844.jpg
いくら浜掃除されていると言ったって、漂着帯跡をじっくりと捜せば、八手の間からこぼれたモダマが残っているかも・・・ と期待して歩きましたが、結局見つけることが出来たのは、デイゴらしき小さな種子が一粒だけ・・・   恐るべし、興津の浜掃除・・・(笑)
a0125598_20131348.jpg

[PR]

by taibeach | 2012-10-26 21:28 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/16672996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2012-10-26 22:56 x
砂浜に生えるキノコ、何種類かあるようですね。
あんな環境でよく生えるなぁ〜と思いますが。

デイゴ、この赤い色味がいいですね。
しかし浜掃除、こちらでも鎌倉などでおこなわれます。
ビーチコーマーの大敵です〜。
Commented by taibeach at 2012-10-26 23:37
尚 nao. さん
私のキノコに対するイメージとしては、暗くてジメジメした所に生えているものなので、太陽がサンサンと照りつける乾燥した砂浜に生えているなんて、本当に不思議でしょうがありません。

ボランティアで浜掃除をして下さる方々には頭が下がる思いですが、ビーチコーマーにとっては、つまらない渚になってしまいますね。
Commented by ことまる at 2012-10-27 14:26 x
日の当たる砂浜とキノコほど似合わないのは無いかも・・干されちゃうような気がするので。
ヒトヨタケの仲間に傘は似ていますが・・思ってたのは藁やうん○に出るやつなんで・・(笑)違ってそうです。
赤色のディゴ、良いですね~!美しいです。
ぱっと見、小豆のようですが、つやがありますね。
Commented by taibeach at 2012-10-27 17:51
ことまるさん
砂浜とキノコ。 この組み合わせは、なかなか結びつきにくいと思うのですが、ホント不思議ですね~(^^)
それより、うん〇に出るキノコっていうのが、私には気になりますね。(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ジャックと月 高知ビーチコーミング旅2012... >>