ラジオゾンデ

先々週に訪れた、県南・美波町の鹿ノ首岬 東浜。
a0125598_20343558.jpg
お盆休み以来歩いていなかったので、ひょっとしたら今年こそは海豆が・・・ 
・・・という淡い期待はあっさりと裏切られ、シナアブラギリがたったの2個のみと惨敗。(^^;)

そんな鹿ノ首岬の東浜で、久しぶりに☟こんなものを見つけました。
a0125598_20345426.jpg
この発泡スチロールのボックスからコードが出ている漂着物の正体は、『ラジオゾンデ』(気象庁HP) と呼ばれている、無線機付き気象観測機器。
このラジオゾンデを、水素あるいはヘリウムガスを入れたゴム気球に吊るして上空へと飛揚し、地上から高度約30kmまでの大気の状態(気圧、気温、湿度、風向・風速等)を内蔵のセンサー観測し、さらにそのデータを無線器で地上に送ります。
ラジオゾンデから送られた観測データは、すぐに気象庁に送られ、天気予報を出すために役立てられているそうです。
a0125598_20351137.jpg
飛揚されたラジオゾンデは、上空約30kmで破裂し、その後パラシュートでゆっくりと降下するのですがが、上空の西風(主にジェット気流)に流されるため、そのほとんどが海上に落下するそうです。
福岡管区気象台HPによると、福岡管区気象台から飛揚されたラジオゾンデは、主に瀬戸内海や豊後水道に落下しているとのことなので、このラジオゾンデは鹿児島あるいは、石垣島の気象官署あたり(福岡の可能性もありますが・・・)、で飛揚されたものかもしれませんね。
[PR]

by taibeach | 2012-12-04 22:56 | 鹿ノ首 | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/16918056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Shige at 2012-12-05 12:10 x
ラジオゾンデ、見かけますね。
漂着物の分類を教えるとき、流出起源として、海、陸とまでは行きますが、空もあります。風船やラジオゾンデなど、空からやってくる人工物の代表ですね。
Commented by taibeach at 2012-12-05 18:15
Shige さん
全国16ヶ所の気象台から、一日に2回飛揚されるということなので、かなりの量のラジオゾンデが飛ばされているのですね。
HPには、「拾った人はラジオゾンデに記載された気象台に連絡して下さい」とありましたが、このラジオゾンデには飛揚した気象台のラベルが見当たりませんでした。
Commented by ことまる at 2012-12-05 19:57 x
ラジオゾンデ、連絡してくださいって書いてあるのですね。無傷なのをあまり見たことがないので気が付きませんでした。冬の日本海相手では難しいかも。
Commented by taibeach at 2012-12-05 20:33
ことまるさん
福岡管区気象台が飛揚するラジオゾンデには、官署名や連絡先がプリントされた、連絡をお願いするラベルが貼られているそうですが、他の気象台のことはちょっと分かりません。
渚に漂着したラジオゾンデは、大抵ボロボロでラベルも剥がれ落ちていますね。(^^;)
Commented by のら at 2012-12-05 22:27 x
つい先日読んだ、札幌の気象予報士さんの本の中にゾンデ観測のことが書かれていていました。札幌から飛ばす700個以上のうち、戻ってくるのは20~30個前後だそうです。連絡の多いのは4~5月で、雪に埋もれたのが発見されるからだとか。
私も1~2回拾ったことがありますが、連絡先は見た記憶がありません。
Commented by 島酔潜人 at 2012-12-05 22:53 x
ラジオゾンデの部品で何か作れると面白いのですが...
最近拾ってないです。
でも、これを見て喜んでいるのは、漂着物マニアだけですね。:-)
Commented by taibeach at 2012-12-05 23:16
のらさん
ご教示ありがとうございます。
するとラジオゾンデの回収率は、4%程度ということですか・・・
日本国内では、年間11,680個のラジオゾンデが飛ばされていることを考えると、何かもっと回収率が上がる方法を考えないといけませんね。
ラジオゾンデ10個集めると、何かもらえるとか・・・(笑)
Commented by taibeach at 2012-12-05 23:22
島酔潜人さん
陸に落下したものならば、中のセンサーも使えるかもしれませんが、海に落ちたものは錆びていて、使いものにならないでしょうね。(^^;)
これを見て、すぐにラジオゾンデと気付くのは、気象台関係者か、ビーチコーマーくらいかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おしゃれな船員さん 目を引く、赤色 >>