お疲れ様でした!(^^)

う~ 寒~!! ついにきましたね 本格的な冬の寒さが~!
今朝の徳島県南の最低気温は、美波町‐0.9度、海陽町‐3.0度。
車も水道も凍っていて、朝からちょっと慌てちゃいました。  明日もまた寒いのかなぁ・・・(> <)

さて、昨日開催された今年最後の海の観察会。
私が朝出かける時には、県南はすごくいいお天気だったのに、阿南市あたりから雨が降り出してしまったので、はたして何人の参加があるのか?と気が気ではなかったのですが、小松海岸の集合場所に到着した時には、多くの方が集まっておられて安心しました-♪
観察会のⅠ代表も、ひょっとしたら昔みたいに、3人での浜歩きになるかも・・・なんて心配していたそうですが、なんとこの寒空の下、総勢18名もの方々が集まって下さいましたよ!\(^0^)/
a0125598_22335691.jpg
さてさて、浮き島現象を皆で観察した後には、皆思い思いの方向に散って浜歩きとなったのですが、「シーズンオフの渚」+「小雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気」ということで、ちょっと厳しいコンディション。   皆さん、“忍” の浜歩きとなりました。
採集品も、流れ物の収穫はほとんどなく☟貝殻や土器、陶片などが中心でした。
a0125598_22341028.jpg
で、私の収穫はといいますと・・・     しょぼ! Σ( ̄ε ̄;|||・・・
a0125598_22342171.jpg
ビーチコーミングの収穫はイマイチでしたが、こうして同好の士が一堂に会して渚を歩けるということは、本当に素晴らしいことですよね! 
ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました!
また来年3月に、小松海岸でお会い致しましょうね~! ☆^(o≧▽゚)oニパッ
a0125598_22343469.jpg
今回、海の観察会のメンバー、化石の研究者のNさんから、一足早く、こんな素敵なクリスマスプレゼント(県内産のスカシカシパンの標本)を頂きましたよ!
Nさん、ありがとうございました!  またお願いしましすね~ ( ̄∀ ̄*) へへへへ
[PR]

by taibeach | 2012-12-10 23:46 | 海の観察会 | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/16955679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とーま at 2012-12-11 18:26 x
改めて、お疲れ様でしたー。
俺も、ご飯食べながらゆっくりお話したかったのですが・・・。
また次の機会ですね!
スカシカシパン、いいなぁー。
淡島海岸産でしたか?
Commented by taibeach at 2012-12-11 19:45
とーまさん
お疲れ様でした! 今回は残念でしたが、近いうちにまたみんなで集まって、勉強会でもしたいですね!(^^)
頂いたスカシカシパンは、淡島海岸産でした。 
来年こそは、自分の手で拾ってみたいものです。
Commented by 森の人 at 2012-12-11 21:06 x
おー!立派なスカシカシパンですね。本当に寒い中、みなさんと歩けて幸せでしたね~。
Commented by at 2012-12-11 21:39 x
お疲れ様でした。
寒かったけど、楽しかったですね^^
観察会の後の博物館でも、改めて展示品を見て楽しめました。
Commented by taibeach at 2012-12-11 22:24
森の人さん
はい、素晴らしい標本を頂き幸せです-♪ \(^0^)/
とーまさんのレスにも書きましたが、一度勉強会的なものもやってみたいですね。
その時には、講師をよろしくお願い致します。(^^;)
Commented by ことまる at 2012-12-11 22:33 x
そちらも陶片があがるのですね。
須恵器でしょうか?
スカシカシパン立派です。これとタコノマクラを手にするのが夢です。
Commented by taibeach at 2012-12-11 22:38
n さん
お疲れ様でした。
浜歩きの収穫はイマイチでも、皆さんと同じ渚を歩き、お話ができるだけで満足! 幸せな時間でしたね~(^^)
博物館の常設展を見るのも夏以来でしたが、今回は解説付きだったので得した気分でしたね!(^^;)
Commented by taibeach at 2012-12-11 22:43
ことまるさん
ここの渚では、普通の陶片は少ないのですが、須恵器や土師器などが拾えるんですよ。
タコノマクラなら、時々拾えるのですが、スカシカシパンはこちらの渚では、幻のウニなのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 蒲生田の赤と黄 海に浮かぶ島 >>