生見・落ち穂拾い

今月初めに訪れた、生見海岸での落ち穂拾い。
a0125598_1913657.jpg
浜掃除が行われて、漂着物はほぼ消えてしまっていたので、かなり苦戦を強いられましたが、それでもポツポツと種子類が拾えました。
見つかる種子はと言うと、前回10月に訪れた時と同じで、ニガカシュのムカゴが中心でしたが、真ん丸い形をしたのテリハボクの種子☟や
a0125598_1913951.jpg
ソテツの種子などが拾えました。
a0125598_1921188.jpg
結局この日の収穫は、テリハボクとシナアブラギリ、後はハマナタマメとハスなど。
a0125598_1915623.jpg
あとは・・・       - つづく -
[PR]

by taibeach | 2012-12-16 20:26 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/16990978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2012-12-17 22:24 x
流出元に近いそちらでもテリハボクの実、結構痛みがありますね。中々きれいな丸ごとは見れないのが残念な種子です。
Commented by taibeach at 2012-12-17 23:12
ことまるさん
そうですね。 結構漂着数の多い種子ですが、割れのなものは少ないです。
たぶん、海に流出するまでに、しばらく時間がかかるからなのでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 最後の一粒 アケビ科 >>