冬限定の味 -茅藻海苔-

日曜日、磯の生物観察に出かけた県南・牟岐町の渚
潮の引いた磯場に屈みこんで、何やら一心不乱に収穫している奥様方の姿が・・・
a0125598_2052147.jpg
奥様方が収穫していたモノは、磯場の岩肌にびっしりと生えているコレ☟
a0125598_2062157.jpg
この細長い紐のような海藻は、褐藻類カヤモノリ目カヤモノリ科の『カヤモノリ』(茅藻海苔)
その見た目が、まるで茅の茎のように見えることから、この名が付けられたのでしょうか
a0125598_2063065.jpg
このカヤモノリは、冬~春の短期間だけに、潮間帯中部から漸深帯上部にかけての岩やロープの上などに生育が見られる褐藻類の一つで、晩春には消失してしまいます。
a0125598_2064187.jpg
まるでソーセージのように、一定間隔で くびれた円筒状の体の中は、中空になっていて水に浮かび、潮の動きに合わせて☟ゆらゆらと揺れ動きます。
a0125598_2064970.jpg
カヤモノリは徳島の他、静岡、愛知、三重などで食用にされる、この寒い時期限定の旬の味。
静岡では「菜海苔」(なのり)、三重では「麦わらのり」などと呼ばれているようですが、ここ徳島県南では、牟岐町では「カイノリ」、お隣の美波町(旧日和佐)では「ガネガス」、また海陽町(旧海南)では「ムギワラ」と呼ばれているようです。
収穫したカヤモノリは、よく水洗いした後、スダレの上にひろげ、天日干し乾燥させて板海苔状に仕上げます。 食べ方は、カヤモノリの板海苔をサッと炙り、鮮やかな緑色に変わったら、熱々のご飯の上に、指で揉んでパラパラとふりかけて頂きます。 詳しくはコチラ
[PR]

by taibeach | 2013-02-12 22:52 | 海藻、海草 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/17305421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2013-02-13 21:20 x
めちゃめちゃ一杯生えていますね!!!
これは食べがいがありそう(笑)
乾燥すると鮮やかな緑色でとっても香ばしそうな感じですね。
Commented by taibeach at 2013-02-13 23:23
ことまるさん
そうなんですよ~結構たくさん生えているでしょう。
去年もこの磯には来ていますが、こんなに生えていたっけ?って感じです。
このカヤモノリ、私も食べたことがあるのですが、ちょっと苦味が強くて、お子ちゃま舌の私には合いませんでした。(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 芸術的な徳島県南の海 磯散歩@MUGI >>