溝貝

小松海岸の渚では、こんな☟紫色をした殻長約3センチ前後くらいの二枚貝を見かける。
a0125598_01986.jpg
この貝殻は、「ミゾガイ」(溝貝)  殻は非常に薄くて壊れやすく、他の貝殻などと一緒にコンビニ袋などに放り込んでいたら、気がついた時には、袋の底で粉々になっていたるする。
a0125598_012827.jpg
貝殻の内側には白い内肋があって、これを溝にみたてて「溝貝」と名付けられた ・・・かどうかは分からない (^^;) だって溝じゃないもんね、コレ!(笑)
[PR]

by taibeach | 2013-03-12 20:00 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/17437263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2013-03-12 22:13 x
色からムラサキガイとか名前がついてもおかしくないのですが・・ミゾガイなのですね。
割れやすい貝は袋の中でふりかけ状になってて悲しくなりますが・・・結構懲りずに何度もやっちゃいます。
Commented by 森の人 at 2013-03-13 20:05 x
なるほどー!ずっとなんだか違和感があったのですが、そういうことでしたか(笑)確かにどう見ても溝ではありませんよね。これ何のための出っ張りですかね?筋肉の付着する部分でしょうか?今日は、久しぶりにパソコンからです。
Commented by taibeach at 2013-03-14 18:53
ことまるさん
ミゾガイは、徳島県南の渚では滅多に拾えませんが、ここ小松海岸では割とたくさん拾える貝です。
薄い紫色の貝殻が、何とも美しい貝なのですが、いかんせん殻が壊れやすいのが難点です。
Commented by taibeach at 2013-03-14 19:03
森の人さん
そうですよね、今まで人には「ここに溝があるから、ミゾガイって言うんですよ~」って説明していたのですが、よく考えると溝じゃなく山ですよね~(笑)
今度中身入りの貝を拾ったら、じっくりと観察したいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 黄砂と共に・・・ ウミガメじゃないよ >>