うれしい手間なし

先週土曜に訪れた高知県東洋町の渚
a0125598_22441247.jpg
漂着帯には、棘も中身もきれいにとれたナガウニの殻が打ち上げられていました。
ウニ殻の処理って、結構手間がかかるので、こんな殻だけの漂着はありがたいですね。
a0125598_22444560.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-03-29 23:07 | 海の生き物 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/17532546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2013-03-30 02:13 x
確かにきれいに殻だけになっているのは、ありがたいですね(笑)
また改めてメールをしようと思ってますが
そちらで拾ってきたナガウニ。全部で20個強ありましたが
そのほとんどがツマジロナガウニと思われる結果でした。
他種の可能性があるのは3個で、うち確実なのは1個。
ホンナガウニと思われるものがなかったのが残念です。
Commented by ことまる at 2013-03-30 20:12 x
処理してまで拾おうと思うウニの種類が無いのが・・残念です。バフン・ムラサキがメインですから。
ナガウニ、きれいですね~!!
Commented by taibeach at 2013-03-30 20:18
尚 nao. さん
多孔板が欠損しているので標本にはなりませんが、ビーチクラフトの材料ならこれで十分ですね。(^^;)
あれだけ拾ったのに、ホンナガウニがなかったのは悔しいですね。
是非、来年もまた拾いに来て下さいね~! \(^0^)/
Commented by taibeach at 2013-03-30 20:34
ことまるさん
ナガウニの殻、楕円形のフォルムが可愛いです。
白っぽい殻ですから、クラフトなどにも使いやすそうですね。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< うれしい紫 太平洋を渡ったカメラ >>