森の浦島

先日久しぶりに訪れた下明丸の浜
渚に降りるためには、最後に少しだけ急な山の斜面を下らなければならないのですが、その下り口で毎年春になると、私を迎えてくれるのが、☟「ウラシマソウ」(浦島草)。
a0125598_22125086.jpg
今年も見事な釣り竿を伸ばして、見事な花を咲かせてくれました。(^^)
[PR]

by taibeach | 2013-04-03 22:12 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/17549607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2013-04-06 14:46 x
ウラシマソウは渋い色合いが素敵です。
似た仲間のマムシグサは白っぽくて一見可愛いですが、秋に付くあの赤色の実・・・鮮やかで強烈です。
Commented by taibeach at 2013-04-06 16:16
ことまるさん
ウラシマソウのつり竿、どんな意味があるのでしょうね?
一度育ててみたいと思っていますが、球根でふやすのが早いようですが、あの赤い実の中にある種子でも育てられるそうですよ。
ただし、種子の場合は、発芽するまでは2年、開花までには5年もかかるそうですけどね・・・(^^;)
Commented by 尚 nao. at 2013-04-06 16:24 x
うちの方も近所の林下(平地)はウラシマソウだらけです。
近場では丘陵地の高い場所(山といえば山)に行かないと
ほかの種類は出てきません。
でも、ホントおもしろい花ですよね。
Commented by taibeach at 2013-04-06 17:13
尚 nao. さん
本当に釣り竿を出して、釣り糸をたれているように見えるんですから、楽しい花ですよね~!
どうしてこのような、面白い花の形になったのか知りたいです。(^^)
Commented by ふじねこ at 2013-04-06 22:18 x
ウラシマソウがたくさんですね~!!対馬はこれはポツポツとしかありません。マムシグサとムサシアブミは沢山ありますが。
地味ですが、味わい深い植物で、好きです。
Commented by taibeach at 2013-04-07 14:03
ふじねこさん
このウラシマソウが咲いている場所は、渚に降りるために必ず通る場所なのでどうしても目につくのですが、道路沿いなど目立つ場所では、やはりマムシグサやムサシアブミが多いようですよ。
面白い形をした花で、見ていてもなんだか楽しいです。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ハクション!な渚 桜と海 >>