軍配開花近し‐♪

今日の徳島県南は、活発な梅雨前線の影響で、激しい雨が降りました。☂☂☂
昨日夕方、降り始めからの総雨量は、海陽町で207.5ミリ、美波町で171.5ミリも降ったので、先週の大雨と合わせて、あっという間に、例年並みの降水量に追い付いた感じです。(^^;)

現在、徳島県南の渚では、春の浜辺を彩っていた植物たちが、実りの季節を迎えていますよ。
ハマダイコンの果実 ☟
a0125598_19465314.jpg
そして、ハマヒルガオたち ☟
a0125598_19464510.jpg
これらの果実や種は、そんなに長い間水に浮いていられないので近距離移動ですが、梅雨の雨や台風の波に運ばれて、散布されていくようです。
a0125598_19471235.jpg
さて、そんな実りの時期を迎えたハマヒルガオですが、これで終わりではなく、今から芽を出すものもあり、これから真夏にかけて花を咲かせ、海に遊びに来た人々の目を楽しませてくれるでしょう。
a0125598_1948554.jpg
さてさて、先週末訪れた高知県東洋町の渚では、グンバイヒルガオの芽生えを見ることができたのですが、皆さんはハマヒルガオとグンバイヒルガオの芽生えの違いがわかるでしょうか?
ベテラン・ビーチコーマーさんならば、もちろん御存じでしょうが、上☝の芽生えが「ハマヒルガオ」で、下☟の芽生えが「グンバイヒルガオ」  画像を見くらべてもらえばわかると思いますが、双葉も違えば、本葉の形も全然違うので、違いは一目瞭然ですね!\(^0^)/ 
a0125598_19482520.jpg
そんなグンバイヒルガオ、徳島県南の渚ではまだ越冬個体を見たことがありませんが、ここ高知県東洋町の生見ホワイトビーチホテル前には、数年越冬し定着している個体があります。
a0125598_19502964.jpg
葉っぱの間からは、まだ小さいいけれど蕾ができていたので、来月あたりには可愛らしいピンク色の花を咲かせて、ビーチを訪れたサーファーさんたちの目を楽しませてくれることでしょうね。
a0125598_19504494.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-06-26 21:42 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18000255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2013-06-26 23:22 x
ハマダイコンの種子って熟したのを割っても、小さい種で、これがあのハマダイコンになるのかって凄く不思議な気持ちになります。
ハマヒルガオはもう種子ができているのですね~種だけ見ると朝顔そっくりです。
今からでも遅くないなら植えてみようかな~って思います。自宅のプランターで海浜植物園って楽しそうです。
Commented by taibeach at 2013-06-27 17:55
ことまるさん
莢から取り出したハマダイコンの種は、やっぱりダイコン!畑の大根の種とソックリですね。
ハマダイコン、大根のように根っこは食べられませんが、双葉の貝割れ大根なら食べられそうです。(^^)
ハマヒルガオの種子、そのまま植えても大丈夫ですが、アサガオのように、種子(ヘソの部分を避けて)の角をちょこっとカットし、2~3時間ほど給水させた後に蒔くとよいでしょう。
Commented by beachcomberjp at 2013-06-27 21:19
ハマヒルガオの芽吹き、今年の画像ですか?
こっちではこんなに早く発芽しません。
Commented by taibeach at 2013-06-27 22:41
Shige さん
はい、これは先週末に見かけたハマヒルガオの芽吹き。
今年の種が発芽したものかどうかはわかりませんが、ハマヒルガオにも気の早いヤツや、のんびり屋さんなど色々といるのでしょう。(^^)
Commented by 尚 nao. at 2013-06-27 23:52 x
春に咲いたものは、もういっぱい種子ができてますね。
グンバイヒルガオは、こちらで生えても一時的で消えてしまいます。
まぁ定着できるようだと温暖化が心配になりますけどね(笑)
やっぱり沖縄とか南の場所であの花は見たいな〜。
Commented by kin at 2013-06-28 17:50 x
グンバイヒルガオ、もうこんなになっているのですね。
こちらは夏が終わったくらいから大きくなりだします。
今年の開花はいつか楽しみですね^^
Commented by taibeach at 2013-06-28 18:25
尚 nao. さん
先日歩いた渚の新しい漂着帯などでは、もうハマダイコンの果実がたくさん漂着していましたよ。
冬の最低気温が氷点下になる徳島県南では、グンバイヒルガオの定着は難しいかもしれませんが、波にさらわれない場所で、早い時期に発芽してしっかりと根を張れば、ひょっとすると冬越し出来るかもしれません。
Commented by taibeach at 2013-06-28 18:30
kin さん
シーズンして漂着物も寄り始めたので、その中にグンバイヒルガオの種子も混じっていたのでしょう。
台風の波にさらわれなければ、このグンバイの芽もかなり大きくなりますよ。 もちろん花も咲かせます。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 旬の植物を食らう 番外編 : 季節の花② >>