半夏生

今日は、雑節の1つの半夏生(はんげしょう)』
この日は天から毒気が降ると言われ、井戸に蓋をして毒気を防いだり、この日に採った野菜は食べてはいけないとされていました。 
この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)といい、大雨になることが多いそうですが、今日の県南は美波町で6時台に17.5㎜、9時台に10.0㎜など午前中に激しい雨が降りました。
農家では、この日までに農作業(田植えなど)を終えておかないと、秋の実りが遅れて収穫量が半分しか見込めないぞ!という戒めが込められている大事な節目の日。
農作業が一段落ついたこの日からは、数日間の農休みをとり,餅をついたり,だんご,麦こがし,まんじゅう、寿しなどを作って食べる所があるそうですが、関西地方では「タコ」を、福井県大野市では焼サバを、また香川県ではうどんを打って食べる風習があるそうです。

さてこれは☟先日訪れた渚で見かけた、ドクダミ科の多年草・「ハンゲショウ」(半夏生)
名前の由来は、花期が半夏生の頃だからとも、葉の下半分が次第に白色になるので、“半化粧”の意であるともいわれています。
a0125598_190399.jpg
この日は、ちょうど白色の小さい花をたくさん咲かせて始めていたばかりでした。
a0125598_191741.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-07-02 20:13 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18030471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろっかく at 2013-07-02 20:38 x
各地で色々な風習があるのですね~
金沢市を中心とする加賀地方では、7月1日は「氷室の日」
加賀藩が山間の湯涌温泉の氷室で作った氷を、将軍に献上した日です。
氷室饅頭と言うお饅頭を食べます。
Commented by ことまる at 2013-07-02 22:05 x
井戸に蓋をする・・所変われば、色々な風習があるのですね~。
こちらでは、半夏生サバと言われて、魚屋さんやスーパーの店先でサバを焼いて大量に売っています。
半夏生の葉っぱは涼しげできれいですね~。
Commented by 尚 nao. at 2013-07-02 22:53 x
そちらは雨が降ったのですね。
こっちはいい天気でとても暑かったです。
こちらでは半夏生だからといって特別な風習は聞きませんね〜。
関西にならってタコ飯を食べよう…なんて人もいるようですが。
Commented by taibeach at 2013-07-03 18:57
ろっかくさん
半夏生の風習、色々とあるようで面白いですね。
氷室饅頭、ネットで見てきましたがすごく美味しそうです!\(^0^)/
加賀から江戸まで氷を運んだなんて、すごく大変だったでしょうね。 早くしないと氷が融けてしまうのだから・・・・(^^;)
Commented by taibeach at 2013-07-03 19:32
ことまるさん
もう今では、井戸に蓋をする人は流石にいないかもしれませんが、言い伝えや風習には面白いものがありますね。
半夏生の日は、タコの日、うどんの日にもなっているそうですよ。
某国営放送の、朝の連続ドラマ「ちりとてちん」にでていた、小浜の魚屋食堂の焼き鯖がすごく美味しそうでした‐♪ (^^)
Commented by taibeach at 2013-07-03 20:27
尚 nao. さん
こちらでは今週、ずっと雨の降る日が続いています。
私の住む地域でも、特に半夏生の風習はありませんが、半夏生の日に何かを食べるっていうのは賛成ですね!(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 意外と美がある馬糞海胆 陸鹿尾菜 >>