今度こそ本物!モモタのメ!

週末の明丸の浜には、ビーチコーマーさんにはお馴染、モモタマナの果実が漂着していましたよ。
モモタマナを見かけたのは、コイツで今季2つ目・・・  何てお寒い結果なのでしょう・・・(^^;) 
a0125598_1914343.jpg
「モモタマナ」(別名コバテイシ)は、アジアからポリネシアの熱帯~亜熱帯の海岸に広く分布する、樹高10~35m、直径60cm~1mになるシクンシ科の半落葉高木。
日本では、沖縄諸島,小笠原諸島に自生していて、人家周辺や公園、街路樹としてもよく植えられている身近な植物だそうです。  沖縄では8月の終わり~9月は、モモタマナの果実が実る時期。 夜になると、この果実が大好物のオオコウモリ(オリイオオコウモリ?)がたくさんやって、熟した果実を齧っていくそうです。
そんなモモタマナの果実、内果皮はコルク質状になっていて水に浮かぶので、こうして海を流れて本土の渚にも漂着してくるようです。

さて、去年の秋に渚に漂着したモモタマナを植えてみたところ、ちょこっと芽を出したのですが、次第に気温が低下したことが影響したのか、そのまま枯れてしまいました。
リベンジを!を春に蒔いてみたモモタマナの種子も、気温が低く過ぎた?のか全滅・・・(>_<)
しかし、その後植えた第2陣のうちの1つが、ついに発芽しましたよ!\(^0^)/
a0125598_19151659.jpg
a0125598_1915556.jpg
a0125598_19154646.jpg
a0125598_19153173.jpg
a0125598_1916736.jpg
すごく面白い!と思ったのは、葉っぱがグルグル巻き☟になっていたこと。
a0125598_19155447.jpg
a0125598_19163079.jpg
グルグル巻きの葉っぱが、次第に広がって
a0125598_19163132.jpg
ツヤツヤの、蝶ネクタイのような芽が出ましたよ!
a0125598_19171227.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-07-29 20:36 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(12)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18217135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 森の人 at 2013-07-30 09:08 x
おめでとうございます!!素晴らしい。時期も良いので、健やかに育つでしょう。この一連の情報ですが、徳島県産のものとしては、初めてです。あるいは、本土でも少ないことかも?貴重な事例ですよ!
Commented by taibeach at 2013-07-30 19:52
森の人さん
ありがとうございます。
森の人さんに以前画像を送って頂いた、葉巻のようなモモタマナ芽。  本当にクルクルと巻かれた双葉が、次第に広がっていく様子が、とても面白かったです。\(^0^)/
寒くなるまでに、どれくらい育ってくれるでしょうか。(^^;)
Commented by beachcomberjp at 2013-07-30 22:20
お見事!
よく観察されましたね。
全く知りませんでした。
見事にクルクル巻いて、コンパクトになってますね。植物の知恵に感動!
Commented by taibeach at 2013-07-30 22:33
Shige さん
ありがとうございます。
モモタマナの発芽、はじめは根っこがニョキニョキと出た後に、このような葉巻の芽が出てきます。
あの堅い種子の中の仁が、一体どのように変化するのか不思議。
植物って本当にすごいですね!
Commented by ことまる at 2013-07-30 23:00 x
おお!!おめでとうございます!!!
凄いですね~モモタマナの発芽ってこんな風になるのですね。
乾いてそうなコルク質の実から発芽できるとは思ってなかったので・・・成長が楽しみです。
Commented by 尚 nao. at 2013-07-30 23:37 x
おお、おもしろい!
実際に育ててみないと、芽生えのこういうシーンはわからないですよね。
自分も場合、実際に育てても見逃しそうですが(笑)
Commented by taibeach at 2013-07-31 18:41
ことまるさん
ありがとうございます。
昨年の秋にモモタマナの漂着種子を調べてみたところ、コルク質の中果皮はボロボロでも、その中の仁は堅い内果皮に守られていて、食べられるほど新鮮なものも多いことが分かりました。
植える時のコツは、コルク質の中果皮を取り除くこと。 そうしないと水やりをするたびに、水に浮かんで土の中から顔を出してしまいますから・・・(^^;)
Commented by taibeach at 2013-07-31 19:03
尚 nao. さん
ありがとうございます。
昨年秋に植えた時にはすぐに発芽したので、結構簡単に芽を出すのでは・・・?と思っていたのですが、春蒔きのモノは全滅・・・ 第二陣もこの一個だけ。
やはり南国の植物の発芽には、ある程度の気温がないとダメなようですね。(^^;)
Commented by ふじねこ at 2013-07-31 21:13 x
モモタマナ発芽するんですね~!!びっくりです。あのカラカラの中にさらに種があるんですね~。知りませんでした。
あんまり可愛くないし、珍しくも感じないので、割とスルーしていましたが、ちょっと違う目でみれそうです。
Commented by taibeach at 2013-07-31 23:47
ふじねこさん
はい、漂着したモモタマナの果実の中には、発芽能力のあるものが結構あると思います。
植物にとっては大敵である海水に、長い間浮かんで漂流出来るというのもすごいことですが、さらに発芽能力を保っているなんて、種子を海流散布する植物ってすごいですね!
Commented by 島酔潜人 at 2013-08-02 15:42 x
うわっ、芽が出るんですね... すごい生命力。
木になるとおもしろいなぁ~
Commented by taibeach at 2013-08-02 19:43
島酔潜人さん
何日も何週間も海を流れてきたというのに、ちゃんと発芽能力を保っていられるなんて、本当に海流散布植物って凄いですね!
家には温室がないので、冬越しは難しいかもしれませんが、それまで少しでも大きく育ってほしいモノです。(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ピンクの隊長 腰高祭り! >>