檜扇

先日の浜歩きの帰り、山道横の空き地で見かけたオレンジ色の花☟
a0125598_20484211.jpg
何年か前にも、鹿ノ首岬の海岸に咲いていた花をアップしたことがあったけれど、この花は山野の草地や海岸に自生する多年草の 『ヒオウギ』 (檜扇、学名:Iris domestica、アヤメ科アヤメ属)
a0125598_20482881.jpg
山野のヒオウギは、オレンジ地に赤い斑点が入る可愛らしい花ですが、海のヒオウギと言えば、黄、オレンジ、紫色、赤紫色など、個体によって貝殻の色のバリエーションが美しい 『ヒオウギガイ』(桧扇貝、別名・緋扇貝)☟ですね~ \(^0^)/
a0125598_2049388.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-08-20 21:22 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18402421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2013-08-20 21:38 x
ヒオウギの花可愛いですね。
もう少し早い時期のお花に生けた覚えがあります。
ヒオウギガイは色が鮮やかで美しいです。
大きなサイズは無いですが、特産にしてる地域もあるそうですね。
Commented by 尚 nao. at 2013-08-20 23:10 x
ヒオウギ、こちらでは見たことないです。
県北や県西部では見られるようですけどね〜。
これもまた魅力的な花です。
もちろん貝殻のヒオウギもとっても魅力的ですね(笑)
Commented by taibeach at 2013-08-20 23:16
ことまるさん
夏の花・ヒオウギ、可愛らしい花ですよね~(^^)
ヒオウギガイを初めて食べたのは愛媛でしたが、高知でも養殖が盛んです。
ヒオウギガイの貝殻はカラフルなので、クラフトにもよく利用されていますが、中でもヒオウギガイのランプは、すごく素敵です。
Commented by taibeach at 2013-08-20 23:35
尚 nao. さん
ヒオウギ、名前の由来通り、葉っぱが扇形に広がって面白いですね。
花も可愛いので、自宅でも育ててみたいですが、まだ実生でうまく育ったことがありません。 来年こそはなんとか・・・(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 黄鶴楼 好評御礼! 球形 ビーチグラス... >>