双魚文

9月最後の日曜に訪れた、高知県の生見海岸の渚。
数日前に沖を通過した、台風20号の影響なのでしょうか?砂浜には、ものすごい数の育苗用の苗ポットや植木鉢などの園芸・農業用品を中心とした、数多くのプラものが漂着していましたが、そのほとんどが近海からの流出ゴミでした。
a0125598_1954275.jpg
それらの新しい漂着物の中からは、目ぼしいものは見つけられませんでしたが、以前の台風時と思われる漂着帯で、白いベトナム浮き(10.5㎝×3㎝)を発見!
a0125598_19542734.jpg
このベトナムウキ、使い込まれたものなのか、かなりエージングが進んでいたのですが、裏側を見てみると、向かいあった2匹の魚のようなエンボスが☟うっすらですが見てとれます。
a0125598_1954532.jpg
a0125598_19574242.jpg
こうした二匹の魚を向かい合わせて文様化したものを、「双魚文」と呼ぶとか。 
中国語では「魚」の読み音が、“魚(yu)”=“余(yu)”に通じることから、財産が余るという縁起の良い意味を持つ他、魚は一度に産み落とされる卵が多いことから、豊穣を示すもの子孫繁栄の意味もあることから、中国で「双魚」は吉祥の象徴の一つとして縁起物となっています。
また、タイやベトナムなどでも、家門繁栄や登竜門の故事から立身出世の縁起物として、建物の装飾や絵画、アクセサリーなどに、双魚や鯉がよく描かれているそうです。
a0125598_19574078.jpg
              【ベトナム葉巻型浮きに描かれた鯉の双魚】
[PR]

by taibeach | 2013-10-18 21:38 | 漁具、浮き | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18810771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2013-10-18 22:33 x
こんなキャンディもあるんですね。
浮きはまったく(ガラス浮き以外)拾わないのであれですが
よくあるオレンジ浮きの色変わりを最近、見ることがあります。
Commented by taibeach at 2013-10-18 23:01
尚 nao. さん
昨シーズンはキャンディー浮きもたくさん拾えましたが、今年は不作・・・
青色の完品を拾うのが目標ですが、今年はもう無理かもしれないので来シーズンの宿題です。
オレンジ浮きは、最近青色のものしか拾いません。
Commented by ことまる at 2013-10-19 16:48 x
キャンディ浮き久しぶりに見ました。
去年も少なかったですし・・・今期はまだ全然ですから。
魚が一匹のマークよりも、豊漁を願う気持ちが伝わってきそうな感じですね。
Commented by taibeach at 2013-10-19 20:14
ことまるさん
今シーズンは、キャンディ浮きも不作・・・ と言っても、漂着物全般的に少ない年でしたから仕方がないですね。
同じ浮きでも、日本の浮きは文字や記号だけで面白みがないですが、外国の浮きはデザイン性豊かで楽しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< MK式? 小さな海の旅人達 >>