続・渚のイチヂク その3

浣腸記事の連投で、このブログに遊びに来て下さっている方も、さぞや引き気味ではないか・・・?と、ちょっと心配なのですが・・・
a0125598_18453144.jpg
今夜もまた、浣腸ネタどぅぇ~~す! \(^0^)/

9月末に歩いた、高知県東洋町の生見海岸に漂着していた浣腸容器。
一昨日のブログの、イチジク、ムネに続いて現れた3つ目の浣腸がコレ☟
a0125598_1835759.jpg
『ケンエー浣腸』 消毒用エタノールのトップメーカー 「健栄製薬株式会社」(大阪市中央区伏見町、1946年12月創業)が製造している浣腸薬です。 
健栄製薬と聞いてもピンときませんが、同社の製品「手ピカジェル」なら知っている方もいらっしゃるかもしれません。(^^)
a0125598_18355853.jpg

さて、引き続きまして、この日4個目の漂着浣腸がコレ☟
a0125598_18355411.jpg
ピンク色の容器に薔薇の花のエンボスが何ともオシャレな、『アルマ浣腸』
この浣腸薬は、昭和6年創業の「大昭製薬株式会社」(滋賀県甲賀市甲賀町)の製品。
浣腸薬「アルマ浣腸」シリーズは、昭和46年から販売されている浣腸薬です。
a0125598_1836366.jpg


私が渚で出会った漂着浣腸シリーズも、これで日本製7種、台湾製1種となりました。
本当に色々な浣腸薬があるものなのですね~!(*^0^*)
日本製浣腸薬 ①「NEWビワ浣腸」 (レーベン製薬)
          ②「オリール浣腸」 (池尻製薬㈱」
          ③「ビワ湖浣腸」 (伊丹製薬㈱)
          ④「コトブキ浣腸」/「浣腸薬」 (ムネ製薬㈱)
          ⑤「イチジク浣腸」 (イチジク製薬㈱)
          ⑥「ケンエー浣腸」 (健栄製薬㈱)
          ⑦「アルマ浣腸」 (大昭製薬㈱)
台湾製浣腸薬 ⑧「人生潤便通浣腸液 」 (人生製藥股份有限公司)


<追記>
そう言えば、先日(これらの浣腸容器を拾った前日)訪れた高知県西海岸の渚に、こんな☟ガラス製の注射器の“押子(プランジャ)”の部分が漂着していました。
a0125598_19332756.jpg
この押子、長さが18㎝程あったので、注射器なら結構大きなものと思われます。
浣腸に用いられる注射筒とほぼ同じ形状の器具は、注射器とは言わずに「浣腸器」と呼ばれるそうですが、このガラスの押子も浣腸器のものなのかもしれませんね。

森の人さんから、「浣腸図鑑がほしい・・・」とのコメントを頂きましたが、浣腸の種類について興味があるとおっしゃる方は、こちらのサイトが参考になるかと思います。
[PR]

by taibeach | 2013-10-22 20:47 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(8)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18832266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 森の人 at 2013-10-23 08:23 x
すーごーいーなー。浣腸、奥が深いですね。いままでこの多様性に気づかなかったなんて、節穴ですね。浣腸図鑑がほしいですっ!
Commented by じゅりあ at 2013-10-23 08:32 x
素晴らしいレポートですけど、
やっぱり誰かのお尻にプスッとしたやつでしょ?
漂着していても いくら海水で洗われていても
触りたくないブツですね~。汗
Commented by とーま at 2013-10-23 13:24 x
ははは、ホント、こう見ると浣腸も実に奥が深いw
我がホームでもある播磨灘周辺は、場所柄(?)浣腸の漂着も多いので、これからは意識して見てみることにします。
さすがに台湾製は漂着しないと思いますけどねw
Commented by taibeach at 2013-10-23 18:41
森の人さん
浣腸は、渚ではお馴染の隠れたロングラン漂着物。
そんなに大量漂着することもありませんが、全く見かけなくなることもありませんね。 
浣腸図鑑、新品の浣腸写真を集めたサイトならありますよ~(^^)
Commented by taibeach at 2013-10-23 18:46
じゅりあさん
そう! 全部プッスリとやったものばかりでしょうね~!
だから私も触ることはなく、流れ着いた枝を箸にしてつまんでいますよ。(^^;)
もちろん写真を撮るだけで、お持ち帰りも致しません。(笑)
Commented by taibeach at 2013-10-23 19:16
とーまさん
漂着物の中でも、浣腸容器なんかは敬遠される部類の代物ですからねぇ・・・ 
普通の人は興味を示さないでしょう。 
渚でニコニコしながら、浣腸容器の写真を撮っている絵を想像して下さい・・・  
ね! 気持ち悪いでしょ~!(笑)
Commented by ことまる at 2013-10-23 20:18 x
浣腸薬も色んな種類があるのですね~。
漂着する薬系では一番多いかも。
次はリポDですがそれほど種類が無いですし、瓶はラベルが剥がれるとただの茶瓶ですし・・(笑)

追記の注射器の押子、大きいですね。
これも浣腸液を入れて使ってたのだったら触るのちょっと躊躇します(汗)
Commented by taibeach at 2013-10-23 20:50
ことまるさん
実は浣腸の他に、私が今注目しているのが目薬容器。
市販品だけでなく、眼科などで処方されたものもあり、もしかすると浣腸容器よりも種類が多いかもしれませんよ~(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ぐるぐる 続・渚のイチヂク その2 >>