何顔?

台風一過の徳島県南。 
台風の吹き戻しの北風が強かったけれど、スッキリ晴れ渡り、気持ちのいい秋晴れとなりました。
a0125598_2141154.jpg

さて、昨日のブログにアップした、渚の小さな漂着種子たち☟
a0125598_2151477.jpg
そんな漂着種子中に、グンバイヒルガオ(ヒルガオ 科サツマイモ属)の種子が紛れていないか?とチェックしていたら、グンバイヒルガオの細かな毛に覆われた種子はなかったけれど、こんな☟白っぽい色の、ヒルガオの仲間?と思われる種子がたくさん漂着していました。
a0125598_216012.jpg
種子の大きさは、大体5~6ミリといったところ。
a0125598_2162147.jpg
種子のアップは、このような☟感じです。
a0125598_2164561.jpg
今年収穫した、「ハマヒルガオ」(ヒルガオ 科ヒルガオ属)の種子。
a0125598_2173041.jpg
今回拾ってきた謎の種子と、ハマヒルガオの種子を比較してみたところ・・・
a0125598_21816.jpg
う~ん、ソックリ・・・ 
a0125598_2183014.jpg
この種子、黒いハマヒルガオの種子がエージングされて、白っぽくなったものなのかも・・・
来年、春になったら蒔いてみましょうね。(^^;)
[PR]

by taibeach | 2013-10-26 22:07 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(10)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18856859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2013-10-26 22:57
これからモノの減る冬場、こうした微少種子ネタでしのぐのはいかが~??
Commented by とーま at 2013-10-26 23:04 x
あ、これ、俺が前に蒲生田の浜で拾ったやつと、多分同じ種子ですね。
(URL欄に記事リンク貼っておきました)
蒲生田には、たった1個しか落ちてなかったんですが、高知にはこんなに沢山落ちてるのかー……。
調べた結果、ヨルガオの種子に似てるなー、という感じで、それ以上は結局不明でしたが、実際に種を撒いて花が咲いたら、それこそ一目瞭然! ですよね。
判明するのを楽しみに待ってます。
Commented by taibeach at 2013-10-26 23:27
Shigeさん
いや~これは、なかなか私ごときでは手に負えない分野でしょう。(^^;)
ブログネタとして使えるようになる迄には、かなりの時間と労力がかかるでしょうね。
以前知り合いが、私のBCの師匠の指導の下、漂着種子の調査をしたことがありましたが、同定にはかなり苦労をしたようです。
Commented by taibeach at 2013-10-26 23:35
とーまさん
こうした小さな漂着種子たち、漂着物の溜まりを掻き分けてみたら、結構たくさん隠れているものですよ。
一度真剣に挑戦してみよう!とは思いますが、今はまだ思うだけです・・・(笑)
とりあえず当分は、グンバイヒルガオの種子を見つけることを目標にします。(^^;)
Commented by 森の人 at 2013-10-27 07:28 x
これは面白いですね。さすがです。しかし、エージングされて白くなるのなら不思議ですね。新知見でしょう。外種皮が取れるとかかな?以前いろんな種子の発芽試験をされた中にハマヒルガオはなかったでしたっけ?芽生えが楽しみです。
Commented by ことまる at 2013-10-27 09:39 x
この種子、こちらでも拾えます。
軽いモノラインでちまちま拾うと結構な数見つかります。
ハマヒルガオの種子ってあれだけ出来ても発芽率ってどうなのでしょう?
普通の朝顔より比べても固そうですから、ちょっと削った方が芽が出やすそうです。来年は植えてみたいです。
(今年も蓮の実からの発芽株の育成は失敗しました。芽はでるけど育たない・・・涙)
Commented by 尚 nao. at 2013-10-27 19:25 x
確かにエージング途中のものが混じってますね。
量が拾えるところからもハマヒルガオで間違いなさそうです。
表皮が剥けたくらいじゃ発芽には影響ないのでしょうね。
と言っても、発芽して育つのは何分の1かでしょうけれど。
Commented by taibeach at 2013-10-28 00:12
森の人さん
ハマヒルガオの発芽試験は、やりましたよ。
この白っぽい種子がハマヒルガオの種子なのかどうかは、やっぱり発芽させてみないことには、はっきりとわかりませんが、そうなんじゃないかと思います。 ・・・たぶん(^^;)
Commented by taibeach at 2013-10-28 00:19
ことまるさん
おしゃる通り、ハマヒルガオの種子は、ちょこっと種子に傷をつけてやると発芽しやすくなります。
この白っぽいのはわかりませんが、春の終わりに渚で収穫したハマヒルガオの種子は、結構発芽率がいいですよ。
Commented by taibeach at 2013-10-28 00:30
尚 nao. さん
短区間で、コレだけの数がまとまって拾えるということは、やはりその渚に自生していたであろうハマヒルガオの種子が、やっぱり一番可能性が高いですね。
育ててみればわかるでしょうが、問題は発芽してくれるかどうかですね。(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夏の終わりに 小さな流れモノたち >>