あ、きいろ! (秋色 ^^;)

今日の徳島県南の最低気温は、美波町13.5度、海陽町8.7度。
朝晩は、肌寒~く感じる日が多くなってきました。 やっぱり、秋ですね~(^^;)
私のグンバイヒルガオも、この寒さで紅葉が始まり、葉っぱが落ち始めてしまいました・・・
a0125598_1811536.jpg
さて、日曜に訪れた蒲生田岬の灯台へと向かう道の岩場では、『アゼトウナ』がツワブキの花と共に、ちょうど花盛りをむかえていました。
a0125598_18124151.jpg
エッ!? こんな所から・・・ と思うような、他の植物は育つことのできない崖地の石の割れ目からでも、当たり前のように芽を出し花を咲かせている逞しいアゼトウナですが、花は繊細な感じです。
a0125598_1812357.jpg
さて、崖の上から視線を足元の方に落とせば、シオギクたちが今にも花を咲かせそうです-♪
a0125598_18142879.jpg
シオギクの蕾は、まるでビニールに包まれているように☟ピカピカ☆で新品な感じ。(笑)
a0125598_18142370.jpg
蒲生田岬のシオギク、今週末あたりには渚のあちこちで、鮮やかなレモンイエローの花を咲かせていることでしょうね! \(^0^)/
a0125598_1815104.jpg

[PR]

by taibeach | 2013-11-05 22:22 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18915074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のぶ at 2013-11-06 17:24 x
グンバイヒルガオも紅葉っていうのでしょうか。(笑)
徳島でも意外に気温は低くなるのですね。
我が家では、グンバイはもう家の中に入れましたが、
伸びすぎたハマナタマメをどうしたものか、思案中です。

こちらではシオギクは見られませんが、南方系なのでしょうか。

Commented by taibeach at 2013-11-06 18:43
のぶさん
ヘヘッ そうですねぇ~ 一応紅葉は、黄葉を含めていうこともあるそうなのでそういうことで・・・(笑)
私のグンバイやハマナタマメは室内栽培なのでまだ大丈夫なのですが、モモタマナの冬支度をどうするかを、私も思案中です。(^^;)
シオギクは、高知県と徳島県の太平洋岸の海岸にしか分布していないキクで、近縁種には、千葉県から静岡県の海岸に自生する「イソギク」、紀伊半島南側の海岸に自生する「キノクニシオギク」があります。
Commented by ことまる at 2013-11-06 19:51 x
グンバイヒルガオの最低気温は10度くらいなのでしょうか?
こっちの路地では生き残れない南国モノで残念です。
シオギクの花きれいですね。
緑が残っているうちは、ちょっとふきのとうに似ていますが咲き出すと青空の下で黄色がきれいでしょうね~
Commented by taibeach at 2013-11-06 20:26
ことまるさん
私のグンバイヒルガオを置いている部屋は、真冬は最低気温が0度近くまで下がります(昼間は暖房を入れます)が、株が大きくなっているので、なんとか冬越し出来ていますよ。
シオギクの花、また見頃になったらアップしますね。(^^)
Commented by 尚 nao. at 2013-11-06 22:43 x
アゼトウナにシオギク、こちらではワダンにイソギクですね。
先月末に県の博物館に行ったら、ちょうどこの解説が出てました。
どちらも氷河期の後に海岸に残って、それぞれ進化したものだそうです。
この記事を見て、そうだワダンの写真を…と思って海に行きましたが
そこでは出会えませんでした〜。イソギクは咲き始めましたけどね。
Commented by taibeach at 2013-11-06 23:51
尚 nao. さん
渚を緑に染めていたハマゴウが終わってしまい、何とも寒々しい渚の風景になっていましたが、暖かな色合いのシオギクの花が咲き始めると、また渚も賑やかな感じになりそうです。
ワダンにイソギク、またアップして下さいね~! \(^0^)/
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 千振 コバ・・・ >>