ど派手な電飾

先月13日の浜巡回。
「岬めぐりミニクルージング」で、海の上から見える室戸岬の風景を堪能した後、わたしが向かった次の目的地は、この日安芸市で開催されていた「第1回全四国ご当地じゃこサミット」
じゃこサミットで、美味しいじゃこ料理を頂いた後、安芸の海岸でビーチコーミングという計画だったのですが・・・
吉良川の町の辺りで、警察官に車を止められました。  検問? それとも事故?
a0125598_20454829.jpg
目を凝らして道路の先を見てみると、山車の様なものが道路を横断しているのが見える。
そうか、今日はここいらのお祭りなんだね! そう言えばここへ来る途中、室戸市内のあちこちで、綺麗に飾り付けられた山車や御神輿を見かけたっけ。
地元のお祭りは、いろいろと大変なことが多いのであまり好きじゃないけど、祭り見物は大好きな私。 早速車を止めて、吉良川のお祭りを見物することにしました。(^^;)
a0125598_20460292.jpg
室戸市吉良川町の御田八幡宮秋祭り。
吉良川町の5つの地区から出す「花台」と呼ばれる山車が4基☝
「お船」と呼ばれる船型の山車1基☟が町を練り歩きます。

a0125598_20464531.jpg
数多くの提灯で飾られた背の高い「花台」は、すごく華やかですがスリムでコンパクトな印象。
a0125598_20463535.jpg
それもそのはず、コンパクトな花台は昔ながらの道幅の狭い吉良川の町中を練り歩くため。
a0125598_20471100.jpg
この花台がコンパクな理由はもう一つ、昼間でも十分華やかな花台ですが、
夜になるともっと派手になり、その本領を発揮するそうです!



うぉっとっと・・・ またすっかり観光情報になってしまいましたね。(^^;) 
この吉良川の秋祭り見物で、すっかり時間を食ってしまったお陰で、じゃこサミットに行っても、お目当ての品にありつけそうになかったので、久しぶりに吉良川海岸を歩いてみることにしました。
a0125598_22020212.jpg
う~ん ザ・砂利浜~!(^^;)

そんな吉良川海岸で見つけたのは、こんな☟真赤な電球
a0125598_20473110.jpg

確か以前、Shigeさんのブログで見たことがあったような・・・a0125598_20474968.jpg去年の8月、私のホームビーチの田井ノ浜にも、同じ電球が漂着したことがありましたが、この真赤な派手な電球は、一体どんな所に使われていたのでしょうね?(^^;)



花台の電飾用・・・ ではないようですね。(笑)
a0125598_20474132.jpg



※追記(11月14日)
この電球、どのような用途で使われていたものなのかが、気になったので調べてみました。
赤色電球なので、エッチなお店の電飾では?("▽"*) イヤン♪ とも思いましたが、拾ったのが海ということで、普通に集魚灯方面で検索・・・
すると、案外簡単にヒットしてきました。(* ̄∇ ̄*)
この電球は、秋刀魚棒受け網漁」で、集魚灯で船の周りに集まったサンマの群れを網の中に誘導するために使用する誘導灯に使われている電球のようです。

a0125598_20042940.jpg


 

[PR]

by taibeach | 2013-11-13 23:02 | 漂着物(人工物) | Trackback | Comments(11)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/18963453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jurijuri555 at 2013-11-14 00:14
あ、私も拾った事ありますよ。
イカ漁の電球と大きさが一緒だったので
漁関係だと思っていました。
イカ釣りの眩しい電光より暗く(赤く?)なると思うので、
明かりで寄せる漁とは又違うのかな~?
Commented by jurijuri555 at 2013-11-14 12:48
あ、すいません。イカじゃないな~。(^_^;) 大きさ
太平洋なら デッカブイの電球ってのもあり得るかもしれないですね。
Commented by taibeach at 2013-11-14 19:37
じゅりあさん
色々と調べてみた結果、ついに分かりました!
どうやら「サンマ棒受け網漁」で使われる電球のようです。
用途が限られている特殊な電球のようなので、なかなかヒットしてきませんでしたが、なんとかたどり着きました。(^^;)
Commented by ふじねこ at 2013-11-14 21:29 x
ご無沙汰しております。
サンマ、こんな赤い電気でよびよせてるんですね~。初めて知りました。
↓のガラスウキはハイターできれいにするんですか?実は、拾った浮き球、まだ、におうので、そのままになってます。
Commented by taibeach at 2013-11-14 22:02
ふじねこさん
こんばんは、寒いですね~(^^;)
サンマ漁にこんな赤色電球が使われているなんて、あまり知られていない事実ですよね。
拾ったガラス浮き、私は付着物が付いている場合は、しばらくぬるま湯に浮かべておいて、付着物が軟らかく落ちやすくなったところで、ママレモンつけてタワシでゴシゴシ洗っています。(笑)
Commented by ことまる at 2013-11-14 23:06 x
立派な山車ですね~!
そして白壁の町並みが素敵です。
秋刀魚漁の赤色電球派手ですね、こちらではもっぱら夏はイカ漁の集魚灯が多いですから・・カラフルな電球きれいです。
Commented by 尚 nao. at 2013-11-15 00:04 x
小さな町の雰囲気ですが、町並みに歴史を感じますし
こんなに立派な祭りがあるなんて素敵ですね。
集魚灯の赤電球、見事に正体が判明しましたね。
赤と通常の電球に分かれているようですが、色の違いは何なんでしょうね?
赤い光は魚に警戒されにくいとか、何か理由があるのでしょうか。
Commented by じゅりあ at 2013-11-15 07:26 x
おう!ブルーもあるのですね!!!
今度見つけなくては。笑
Commented by taibeach at 2013-11-15 19:54
ことまるさん
明治期に建てられた漆喰壁の商家や、水切 り瓦の蔵が立ち並ぶ吉良川の街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうですよ。
日本の祭りは地域によって様々、山車や御神輿の違いを見るだけでも楽しいです。
山口に行った時にイカ釣り漁船を見ましたが、あのドデカ電球は迫力がありますね!(^^)
Commented by taibeach at 2013-11-15 20:52
尚 nao. さん
いつもは車で通り過ぎるだけなのですが、今回初めて歩いてみて、吉良川の街並みの特色ある歴史的景観に魅せられました!

サンマ漁の赤電球、船の周りに集まったサンマを(網入れしていない方の集魚灯を消して)網入れした側に集め、最後にこの赤電球で照らすと、赤い光に興奮したサンマが水面に上がってくるので、そこで一網打尽にするのだとか・・・
人間だけでなく、サンマも赤い光を浴びると興奮するんですね~(笑)
Commented by taibeach at 2013-11-15 21:12
じゅりあさん
そのようですね! YouTubeで違う動画も見たのですが、海面を照らすブルーの明かりは、幻想的で素敵でしたよ。
もし拾ったら、ブログにあげて下さいね!(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 暖かシューズ 新規開拓、成功!? >>