梅雨の花便り 2014 ⑥

最近見かけた梅雨時期の花たち。
早くしないと、花の旬はすぐに終わっちゃうので、ドンドンいっちゃいましょう!(^^)

最初は、田井ノ浜の防風林で見かけた、小さな白い風車がいっぱい集まったような『テイカカズラ』(定家葛)の花。
a0125598_20143044.jpg
テイカカズラの和名「テイカ」は、「新古今和歌集」や「小倉百人一首」の撰者と知られている鎌倉時代初期の歌人『藤原定家』のことで、死後、成就しなかった式子内親王への恋の執念から葛に生まれ変わり、彼女の墓に絡みついた・・・という伝説からつけられたとか。
a0125598_20164224.jpg
テイカカズラは、本州から九州に至る温暖な地方の山野に、普通自生する常緑のツル植物ですが、よく似た測物に、近畿地方以西の本州・四国・九州・琉球、朝鮮・中国に分布する「ケテイカカズラ」があるそうです。(^^;)


テイカカズラの花は、ジャスミンの花のような甘い香りがするのですが、同じく今の時期森林の林縁などで、甘い香りを漂わせている風車に似た白い花を咲かせているのが『クチナシ』(梔子、巵子、支子)
a0125598_21170605.jpg
園芸用として栽培されることが多いクチナシですが、この時期には渚へ向かうため車を走らせていても、大きな白い花が目を引きます。♪(゚▽^*)ノ⌒☆

[PR]

by taibeach | 2014-06-19 21:35 | 植物・花・種子 | Trackback  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/19916593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 実りがほしい 梅雨の花便り 2014 ⑤ >>