渚のイチジク図鑑 台湾産?

7月19日 土曜
私のブログに遊びにいらして下さる方は、拙ブログをリンクして下さっている方や、リンク元から訪問して下さる方。 
また、海好き・ビーチコーマーさんやお友達ばかりではなく、その他 「とある検索ワード」から当ブログにたどり着いた・・・という方が、毎日何人かはいらっしゃいます。
そんな当ブログへと誘う検索ワードの中でも、今月は第4位(30アクセス)と相変わらず人気?の検索ワードが、「浣腸」  毎月、検索ワードのベスト10には必ずといってもいいくらいにランクインています。(^^;)
ホント、世の中には浣腸に興味がある方って、意外と多いものですね。(笑)
a0125598_20340243.jpg
台風8号が接近中だった、先週水曜日の田井ノ浜の渚には「ビワ湖浣腸」が漂着していました。
この浣腸のようなイチジク型の浣腸容器、使い捨てのディスポーザブル浣腸の代表格と言えば、業界ナンバーワンの『イチジク浣腸』ですね。
a0125598_20594989.jpg
では何故、「イチジク」なのか? 命名の由来については諸説ありますが、イチジク(無花果)の実(花托)に形が似ていることから名付けられたという説が有力だそうです。
ディスポーザブル浣腸の薬液濃度は、50%前後のグリセリン浣腸ですが、イチジクの実(生実・乾実共)には、健胃、整腸の作用、潤腸作用があり、下痢、便秘の両方に効果があるそうですよ。

さて、先週の土曜日に訪れた外ノ牟井海岸には、こんな☟イチジク型のディスポーザブル浣腸容器が漂着していました。
a0125598_21182276.jpg
日本語表記のない浣腸容器、薬液の容量は20cc
Tバックのお尻風のマークを、両手で優しく包み込んでいる・・・的なエンボスマークが印象的です。(〃゚∇゚〃) テレテレww
a0125598_21241096.jpg
「G.M.P」というエンボス文字は社名なのかと思いましたが、『GMP』(Good Manufacturing Practice)=「医薬品や医療機器の製造 および品質管理に関する基準」に適合した製品ということでしょうか?

他に製造元を示すヒントないかと調べてみたところ、目に入ったのが三角形のリサイクルマークの中に数字の「4」 その下には、「LD。。」しか確認できませんでしたが、たぶん数字の「4」は材質コードで、LDは材質の短縮記号で「LDPE」の『低密度ポリエチレン』製の容器ということ。
a0125598_21435769.jpg

さてさて、三角形のリサイクルマークの横☟には、四角形の卍の文字に似た、矢印が中心向きのエンボスマークが。
a0125598_21553337.jpg
このマークは調べてみたところ、回収の「回」をイメージして作られた「台湾のリサイクルマーク」ということなので、このディスポーザブル浣腸は台湾の浣腸ということでしょうかね。(^^)

[PR]

by taibeach | 2014-07-19 23:32 | 漂着物(人工物) | Trackback  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20014281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< グンバイ、グングン! 夏の藤 >>