時代だねぇ~!

7月31日 木曜日
今日は、「日本近代民俗学の父」、『柳田国男』の生まれた日。
柳田は日本文化の源を、沖縄を通して南方に求めようとし,日本民族の渡来について言及した『海上の道』を著した。
彼の友人だった島崎藤村は、明治31年に柳田国男が三河(愛知県)の伊良湖岬の渚に流れ着いたヤシの実を拾った話を聞いて、その話を元にして「椰子の実」の詩を創作したというのは、ビーチコーマーにはよく知られているお話ですね。



今日の徳島県南は、曇り?時々晴れ?
県南各地の最高気温は、阿南市蒲生田 30.5度、美波町 32.4度、海陽町 30.5度。
北上しながら沖縄本島に接近している、台風12号からの湿った空気の影響で、湿度が高く蒸し暑い一日でした。 
昨日みたいにザ〜!っと一雨くれば涼しくなったのに、降らなくていい時に降って、降ってほしい時には全然降らない・・・ なかなか思い通りにはなりませんね。(^^;)

そんな今日夕方の田井ノ浜海水浴場。
a0125598_21272817.jpg
台風の影響か少々うねりがあり、海水浴場の状態示す監視所横のフラッグも赤旗(遊泳禁止!)です。
a0125598_21280505.jpg
これから週末にかけて、波もさらに高くなることが予想されますので、週末の海水浴の予定がある方はお出掛けの前に問い合わせが必要です。 また、折角海に来たんだからと、波の高い状態での海水浴は危険ですのでやめてください。(レスキュー隊はすぐには来ませんよ!)

さて、そんな田井ノ浜の渚に漂着していたのは、こんな?ライター
a0125598_21274752.jpg
漂着したライターにプリントされた住所や電話番号から、そのライターが一体どこから流れてきたのか?というのを突き止めるというのは、ビーチコーミングの楽しみの一つであるのですが・・・
この「スナック・ピュア」のライター、お店の電話番号は090から始まる携帯電話の番号。
あぁ・・・ ついにこんなの来ちゃいましたか・・・ これも時代だねぇ〜!(哀川翔風にね。 ^^;)

あっ、哀川翔さんて徳島生まれなんだってね。 ♪(゚▽^*)ノ⌒☆

[PR]

by taibeach | 2014-07-31 22:55 | 田井ノ浜 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20052311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2014-07-31 23:09 x
泳げない時は旗でお知らせしてくれるのですね。
なんて親切な。。。。
一昔の感覚なら、思いもしないサービスって感じます。

お店の名前が携帯番号。そうですね。味気ないような、時代を感じるような。。。
学校の連絡網もそうですから、お店系も携帯が便利で重宝とは思いますが、寂しいです。
Commented by taibeach at 2014-08-01 20:08
ことまるさん
そうなんです。 私は子供の頃から毎年見ているので、これが普通の風景なんですけどね。
旗の種類は、赤(遊泳禁止)・黄(遊泳注意)・青色(遊泳OK)の3種類で信号のようなものです。(^^;)
ここの海水浴場はライフシェーバーおらず、連絡員しかいないので赤旗の時は、絶対に泳いではダメです。

漂着ライター、ビーチコーマーとしては、文字情報からライターの身元を調べるのが楽しみなのに、お店の番号が携帯番号ではちょっと寂しいですね。
Commented by 島酔潜人 at 2014-08-01 21:48 x
先週、小宝島での話し。
90歳のオバァから、椰子の実を拾ってこいとの命令。何に使うの?って聞いたら、半分に割って柄杓を作るって言われた。 さっそく拾ってきたが、外側の皮をはがすのがけっこうたいへんでした。島では、漂着物がけっこう再利用されています。
Commented by taibeach at 2014-08-01 22:49
島酔潜人さん
へぇ~ 椰子の実の柄杓ですか、私も作ってみようかな~(^^)
椰子の実の皮はがし、私は園芸用のハンドスコップ(移植ごて)を使っていますよ。
漂着物を再利用、素晴らしいですね~! (*^▽^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 楽しみな蕾 『 漂着物を探そう! 2014... >>