十三夜

10月6日 月曜日
台風一過、18号が過ぎ去った今日の徳島県南
一難去ってまた一難。 天気予報では、今週末に次の台風19号が、18号とよく似た進路をたどって日本列島に発達しながら接近する予想・・・ 勘弁してくれよ~! (∥ ̄■ ̄∥)

さて、旧暦では毎月13日の夜を「十三夜」といっていたそうですが、十五夜(仲秋の名月)から約一か月後に巡ってくる今夜 旧暦の9月13日十三夜の月は、十五夜に次いで美しい月とされて、宮中では、古くから宴を催すなど月を鑑賞する風習があり昔から大切にされていました。
a0125598_22141361.jpg
十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しかしないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれていますが、十五夜にお月見をした方、今夜の月をご覧になりましたか?(^^;)
a0125598_22194222.jpg
十五夜は、旧暦の8月15日を「仲秋」ということから「仲秋の名月」と呼ばれますが、サトイモなどのイモ類をお供えすることから「芋名月」などと呼ばれることもあるそうです。
一方、十三夜は十五夜の後ということから、「後の月(のちのつき)」と呼ばれ、また栗や枝豆などをお供えすることから、「豆名月」「栗名月」などと呼ばれることもあるそうですよ。(笑)

[PR]

by taibeach | 2014-10-06 22:33 | 徳島 県南海岸 | Trackback  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20263733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 本日も異常なし 浜辺に揺りあがる焼き物たち >>