渚のイチジク図鑑  オロナイン・カンチョー

10月26日 日曜日

先月末に訪れた淡島海岸
a0125598_01065994.jpg
渚には、イチジク製薬株式会社の2種類の浣腸容器漂着していました。
a0125598_01091775.jpg
コーポレートロゴマークの違うイチジク浣腸、上☝が旧タイプで、下☟のが新タイプですね。
a0125598_01094748.jpg
さて、そんな淡島海岸の渚を歩いていると、今度はエージングの進んだかなり古いタイプの浣腸容器が漂着していました。
a0125598_22083346.jpg
屈みこんでよく見てみると、『オロナイン浣腸』のエンボス文字が・・・
a0125598_22101488.jpg
さすがは大塚製薬グループの源流である徳島の渚ですねぇ~!
今は製造されていない幻の浣腸・オロナイン浣腸。
a0125598_22091787.jpg
このオロナイン浣腸、主な成分は他の浣腸と同じグリセリンですが、オロナインが0.3%含まれているのがこの浣腸の特徴です。 
オロナインが入っているから、ちょっとくらい切れちゃっても大丈夫ですね。(^^;)

[PR]

by taibeach | 2014-10-26 22:44 | 漂着物(人工物) | Trackback  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20316042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 波瀾の高知旅 渚のイチジク図鑑 黄色いイチジク >>