ハマヒサカキ 2014

11月26日 水曜日
今日の徳島県南は、気圧の谷や湿った空気の影響で曇り時々雨
雨も2日続くと、やっぱりちょっと鬱陶しいですね・・・  
明日は高気圧に覆われて、お天気も回復する予報です。

先日、県南の宝くじ売り場で、ロト7の1等8億円の当たりクジがでたんだとか・・・
今日職場では、もし8億円が当たったらどうする!? って話題で、貧乏人たちは大盛り上がりでした!(笑) 私も、当たった時のシュミレーションは、バッチリなんだけどなぁ~(^^;)


さて、鹿ノ首岬の海岸では、ハマヒサカキ(浜姫榊)』(ヒサカキ属が可愛らしい花を咲かせていました。
a0125598_21220418.jpg
ハマヒサカキは、本州中部以西~九州の海岸斜面等に生育する常緑の低木。
a0125598_21235410.jpg
鹿ノ首岬東岸のハマヒサカキは、北寄りの風の影響を強く受ける為か、上の画像右側(北)から、☜左側(南)方向に向かって斜めに向かって気が伸びています。
a0125598_21322083.jpg
ハマヒサカキの葉は、同属のヒサカキより葉が丸くて光沢があり、分厚くて潮風や乾燥などに強いが、木自体は他の海岸植物程の耐乾性はないそうです。
a0125598_21355635.jpg
徳島県南では、この時期になると葉の脇(下向きに)に5mm前後の丸い壺形の白い小さな5弁花をびっしりと咲かせます。
a0125598_21533601.jpg
                              【雄花】

[PR]

by taibeach | 2014-11-26 22:00 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(7)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20434003
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ことまる at 2014-11-26 23:37 x
ヒサカキの花、今の時期臭いでわかりますね。
ちょっと独特な香りです。
花はとっても可愛いのに、意外と・・・な臭い(笑)
ギャップがある花です。
Commented by 尚 nao. at 2014-11-27 01:10 x
こちらでは、ハマヒサカキがあまりなくて、ほとんどヒサカキです。
先週出かけた時、街路樹というか道路端の緑化に
ヒサカキがたくさん使われていて、そのどれもが満開で
辺りになんとも言えない匂いが漂ってました(笑)
Commented by taibeach at 2014-11-27 20:20
ことまるさん
ヒサカキは、こちらでは「ビシャコ」と言って、榊の代わりにお供えに使ったりしますよ。
ハマヒサカキは、ヒサカキの近縁種ですが、ちょっと感じが違います。
Commented by taibeach at 2014-11-27 20:28
尚 nao.さん
ヒサカキの匂い、たくあんやプロパンガス、中にはインスタントの塩ラーメンの粉末スープのにおいに似ているなんて記述があったりしますね。(笑)
ハマヒサカキの花は、花の写真を撮るために結構近くに寄りましたが、そんな異臭はしませんでした。
もしかしたら、シオギクの香りの方が強すぎたのかな?(^^)
Commented by ヒサカキ研究をしてる大学院生 at 2015-09-25 21:06 x
はじめまして。
私は大学院でヒサカキの研究をしている者です。
今年の秋、四国でハマヒサカキ花の観察を行おうと考えているのですが、正確な開花のタイミングが分からずに困っています。
taibeachさんのhttp://welcame.exblog.jp/16887088/の記事を見て、2012年は、お住いの地域だと、11/18頃に開花し始めたということを知りました。
開花時期は毎年多少の変動はあることと思いますが、11月以前、すなわち、10月にすでに開花が始まっていることはございますか。
もしご存知でしたら教えていただけると嬉しく思います。
開花の直前に調査準備を行いたいと考えております。
よろしくお願いいたします。
Commented by taibeach at 2015-09-25 23:29
ヒサカキ研究をしてる大学院生さん
はじめまして。
え~結論から申しますと、ハッキリとしたことはお答えできません。
私はビーチコーミングを趣味としています関係で、海岸に出かけた時に、その日の海岸の様子なども観察し、海岸植物などの花が咲いているのに気づけば、記録したりしていますが、植物を専門的に観察しているわけではありませんので、この時期に花が咲く程度しかわかりません。

私はお力にはなれませんが、調査に向かわれる県の博物館の植物担当の学芸員さんに問い合わせてみてはいかがでしょう?
学芸員が分からなくても、ひょっとしたら県内在住の民間の植物研究家さんたちとのネットワークをお持ちになっているかもしれませんから、何か得るものがあるかもしれませんよ。
Commented by ヒサカキ研究をしてる大学院生 at 2015-09-26 01:37 x
taibeachさん

お返事有り難うございます。
学芸員さんですか。
そうですね、博物館に問い合わせてみることにします。
ご助言ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 鹿ノ首のツワブキ 冬が旬! >>