望まれない潮菊

12月21日 日曜日
今日は週に一度のお休みなので、布団の中でぬくぬくと朝寝坊するつもりだったのですが、いつもの習慣で朝6時に目が覚めてしまったので、マイフィールド巡回に出かけることにしました。
実のところ、昨日の嵐で結構強い南風が吹いていたから、気になっていたんだよね。
でも結果からいうと、面白い流れモノは何も拾えなかったんだけどさ。(^^;)

朝、7時半のいつもの気温計
a0125598_19062274.jpg
今日の徳島県南の最低気温は、美波町5.5度、海陽町2.8度。
最高気温は、12度台でした。 12度と聞くと暖かなようですが、これでも平年値よりも低く、1月上旬並の気温なのです。

さて、漂着物の収穫はありませんでしたが、南に向かって車を運転中に、高知県東洋町の国道沿いでこんな花☟を見かけました。
a0125598_19334651.jpg
シオギクの黄色い花に交じって、白い花びらのある花が・・・
a0125598_19420388.jpg
実はこの花、シオギクとノジギクとの交雑種と思われます。

シオギクの頭花は、黄色の筒状花だけからなり☟花びらのように見える「舌状花弁」をもたないのが最大の特徴です。
a0125598_20000508.jpg
シオギクは、高知県東部と徳島県南部だけに分布している珍しい菊ですが、他のキクと交雑しやすいとのことで、全国で最大規模のシオギク分布地だった室戸岬では、現在は岬のシオギクのほとんどが交雑によりシオギク固有の形質を失いつつあるのだとか・・・
a0125598_19511727.jpg
先々週、室戸岬に行った時には、交雑種を目にすることはなかったんですけどね。(後で知ったのですが、岬周辺では毎年雑種の駆除が行われているそうです。)

a0125598_19514422.jpg
左側が、シオギクとノジギクとの交雑種で、右側がシオギク。
a0125598_19520232.jpg
このような交雑種が現れた背景には、愛好家による、ノジギク(本来高知県の西部だけに見られるアシズリノジギク)の移植と、そのノジギクが拡散したことによると考えられているそうです。
a0125598_19524026.jpg
外来植物などの多くもそうなのでしょうが、初めは「きれいな花を我家でも!」という安易な気持ちだったかもしれません。 しかし、本来の分布ではない地域に、他地域の植物を持ち込まないようにしてもらいたいものです。

[PR]

by taibeach | 2014-12-21 21:00 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20562188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2014-12-21 22:23 x
こういう事例は本当に困ったことですね。
その土地にその植物が咲いているということには
その土地の自然が形成される太古からの長い歴史がある訳で
ちゃんと意味があってそこに咲いていると言うことを知ってほしいです。
自分の住む地域の本来あるべき自然の姿を、知ってほしいですね。
Commented by taibeach at 2014-12-22 18:55
尚 nao.さん
交雑が起こってしまったシオギクからは、元の純粋なシオギクは作れない。
こんな取り返しのつかいない事態にならぬよう、安易な植物の移動はしないでほしいですね。
Commented by ことまる at 2014-12-22 22:23 x
かわいいけど、こんな交配種って増えると困りますね。
最初に移植した方は軽い気持ちだったと思うんですが、その影響って凄く長く響きます。気をつけてやってほしいです。
Commented by taibeach at 2014-12-22 22:34
ことまるさん
ただ、綺麗な花だから欲しかった・・・
そういうことだったのでしょうが、取り返しにつかないことになってしまいましたね。
可愛い花ですが、とにかくこれ以上増やさないように、見つけたらすぐに駆除するしかないのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 望まれない潮菊2(補) 塩対応 >>