望まれない潮菊2(補)

12月22日 月曜日
今日の徳島県南は晴れ。 最低気温は、美波町 0.8度、海陽町 -1.6度。
昨日からは3.3度ダウン⇩ またぎびしい朝の冷え込みが帰ってきました。(^^;)
a0125598_19260829.jpg
さて、暖かそうなフワッフワの綿毛をつけた帰化植物のセイタカアワダチソウ
日本には明治末期に、切り花用の観賞植物として導入された北アメリカ原産の多年草。
あまりにも増えすぎて、外来生物法により要注意外来生物に指定されているそうですが、セイタカアワダチソウが、日本全国に広まる起因となったのは、第2次世界大戦後のアメリカ軍の輸入物資に種子がついていたとか、養蜂業者が蜜源植物として、積極的に種子を散布したことによるとか言われていますが、「背高泡立草」の名前通り、他の植物よりも高い所からたくさんの綿毛を飛ばすんだから、増えないわけがないですよね。

さて、昨日はシオギクとノジギクの交雑種をUPしましたが、実は先々週、室戸岬に行った帰り高知県東洋町の国道沿いで、このようなシオギクの交雑種と思われる花を見かけていたので、上げておきますね。
a0125598_20440476.jpg
a0125598_20472685.jpg
a0125598_20475880.jpg

[PR]

by taibeach | 2014-12-22 20:40 | 植物・花・種子 | Trackback  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/20567737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冬至の夜は 望まれない潮菊 >>