カミノキ

5月26日 木曜日
今日も徳島県南は雨
最高気温は、美波町 24.0度、海陽町 22.7度。

先日の昼休みにちょっと珍しい?花を見かけました。
a0125598_21411676.jpg
ちょうど花の時期だったのか、黄緑色のミツマタに似た花が咲いていました
a0125598_21391197.jpg
樹木図鑑を見てもわからなかったのですが、花がミツマタに似ていたので、ネット検索してみたら、ガンピ(雁皮)というジンチョウゲ科ガンピ属の落葉低木だと分かりました。

a0125598_21515690.jpg
ガンピは、ミツマタ、コウゾ とともに和紙の原材料として使われてきた植物で、別名「カミノキ」(紙の木)
ガンピから作った和紙(雁皮紙)は、古代では斐紙や肥紙と呼ばれ、その美しさと風格から紙の王と評される事もあったとか・・・
しかし、雁皮の成育は遅く栽培が難しい上、最近は和紙を使う場面の減ったので、生産量も激減しているといいます。

[PR]

by taibeach | 2016-05-26 21:37 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/22847212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2016-05-28 00:13 x
ガンピはなかなか珍しいですね。
こちらでも山の方に行くとミツマタは時々見かけます。
コウゾも見かけませんが、親種のヒメコウゾは多いので見慣れていますが
ガンピは全然見かけませんね。花が可愛らしいですね〜。
Commented by taibeach at 2016-05-28 23:20
尚 nao.さん
私もミツマタは見る機会も多いのですが、ガンピは初めてというか、今回始めて知りました。
ヒメコウゾも、変わった花を咲かせますよね~(^^)
Commented by ことまる at 2016-06-01 21:12 x
ガンピって自生してるんですね。
和紙の里が県内にありますが、コウゾの方が良く見ます。
コウゾの実、今の時期・林道脇で見るんで、食べたことありますが・・・いまいちの味でした。
オレンジ色で美味しそうな色してるんですけど。。
Commented by taibeach at 2016-06-07 20:42
ことまるさん
ガンピ、初めて見ました。
ミツマタはよく見るのですが、(気づかないだけかもしれませんが)コウゾは見かけません。
ヒメコウゾは、近くにありますけどね(^^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 中国のり 熊手 >>