桜貝じゃないよ姫浅蜊

6月29日 水曜日
今日の徳島県南のお天気は、曇りのち雨
午前中は、雲の間から青空がチラチラと見えていたんですけどねぇ~
最低気温は、美波町 26.0度、海陽町 26.3度

日曜日、高知に遊びに行った帰りに立ち寄った、室戸世界ジオパークセンター前の丸山海岸
a0125598_23511051.jpg
ちょっと確かめたいことがあったのですが、大量の流木などの漂着物に隠されて確認できず・・・
連れを待たせていたし、陽も傾きかけていたので、そのまま帰ろうかと思ったのですが、せっかく海岸に降りたのだからと、少しだけそのあたりをブラブラしてこんな二枚貝を採取
a0125598_23595498.jpg
ここの渚は砂利浜なので、結構エージングされたものが多いけど、辺りを少し探せばエージングされる前の貝殻もいくらでも見つかるよ。
a0125598_00031611.jpg
この貝殻は、潮間帯〜水深5mの外洋に面した、岩礁域の岩・石などの間の砂地に棲息する、アサリやハマグリと同じ ルスダレガイ科に属す潜砂性の二枚貝 『ヒメアサリ
 ※(⇦左側は小松海岸のアサリ、右側がヒメアサリ➩)
a0125598_00110483.jpg
干潟など内湾にいるアサリと比べると、小振りで殻の膨らみが弱く、内面が赤みを帯びているのが特徴
a0125598_00131069.jpg
以前鹿ノ首岬の渚の渚を訪れた時に、おばさんが採っていた貝も、HB田井ノ浜の渚に打ち上がるのも、このヒメアサリですね。

[PR]

by taibeach | 2016-06-29 23:53 | 打ち上げ貝 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/22951516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2016-06-30 23:57 x
ほんのり淡いピンク色がきれいですね〜。
分布は本州以南ですが、二枚貝類は弱いので、認識してませんでした。
鎌倉なんかだとやや内湾ぽい感じもあるので、生息環境が違うかな。
でも表が地味なタイプだとアサリと見分ける自信はないです(笑)
Commented by taibeach at 2016-07-01 22:18
尚 nao.さん
徳島でアサリが取れる所といえば、主に瀬戸内側の河口などの汽水域の干潟ですが、このヒメアサリは太平洋側の(塩分濃度の濃い)岩や石がゴロゴロしている海岸の砂地にいるようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 帝揚羽 今年も密かに >>