蓮の葉桐

9月27日 火曜日
今日の徳島県南のお天気は、曇り時々雨☂
最高気温は、美波町 29.8度、海陽町 28.4度。 
同じ長雨でも、梅雨時よりも気温が高いので、蒸し暑くて不快ですね (;´ρ`) グッタリ

さて、先週末のビーチコーミングで見つけた小さな種子
a0125598_21570855.jpg
これは、熱帯~亜熱帯の海岸に広く生育する常緑高木 ハスノハギリ(蓮の葉桐)』(ハスノハギリ科)の種子。
日本では、南西諸島や小笠原諸島に分布し、海岸の防風林としても植えられています。
ハスノハギリの種子は、水に浮いて潮流に運ばれて分布域を広げる海流散布種子なので、こうして四国の太平洋側の海岸でも、漂着している種子が見つかることがありますね。

[PR]

by taibeach | 2016-09-27 22:22 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/23246966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beachcomberjp at 2016-09-27 23:16
ハスノハギリ、愛知では2012年にかなりの数が漂着しました。
でも、その後はほとんど見てません。あの年は特別でしたね。
Commented by 尚 nao. at 2016-09-28 00:15 x
ハスノハギリは、こちらでも2012年だけだと思います。
でも、うっかりしていると見逃しそうな種子なので、要注意ですね。
Commented by taibeach at 2016-09-28 21:16
Shigeさん
ハスノハギリは、小さいからでしょうか?
こちらで見つかるのは、年に1個か2個だと思います。
2012年の時も、1、2個しか拾ってなかったんじゃないかな?
私のフィールドでは、海豆よりも、拾いにくい種子かもしれません(^^;)
Commented by taibeach at 2016-09-28 21:29
尚 nao.さん
そうなんですか、そちらも2012年なんですね。
小さな種子ですが、地元の渚なら漂着していれば絶対に見逃さない自信はあるので、それでも見つからないということは、やっぱり漂着数が少ないのだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 発芽ニッパヤシ 拾った漂着物は、すぐに持ち帰ろう >>