オオミフクラギ?

10月12日 水曜日
今日の徳島県南のお天気は、晴れのち曇り
最高気温は、美波町 26.5度、海陽町 26.4度。

先月、高知の室戸の渚を訪れた時に見つけた漂着果実
a0125598_21015358.jpg
ミフクラギ?かと思ったのですが、ちょっと大きいような気がします・・・
a0125598_21270789.jpg
家に帰り、計測してみたところ、8.46cm  お~ デカイね~!
ひょっとすると、オオミフクラギってやつなのかな? まだ拾ったことはないけど(^^;)

中西先生の「漂着物学入門」によりますと、ミフクラギ(オキナワキョウチクトウ)の果実は、長さ4.5~6.5cm、幅3.5~4.5cmの楕円体とある。
一方、オオミフクラギはというと、「果実は直径6~10cmで、ほぼ球形、中果皮は繊維質が発達してコルク質で、浮きやすい。
しばしばミフクラギと混同されてきたが、ミフクラギの果実はやや小さく楕円体で、中果皮の繊維も細かいことで区別できる。」とあります。
a0125598_21265591.jpg
大きさ的にはオオミフクラギなのですが、楕円形をしているので、ひょっとしたら規格外なデカさのミフクラギなのか・・・?
今シーズンは、デッカ・テリハボクの例もありますからね~(^^;)

[PR]

by taibeach | 2016-10-12 21:59 | 植物・花・種子 | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : http://welcame.exblog.jp/tb/23283234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 尚 nao. at 2016-10-12 22:27 x
おお!デカいっすね〜。これはオオミフクラギでよいのでは?
実は装飾品などで売っていたものしか見たことがないのですが
雰囲気はこんな感じ…繊維質が粗くばらけた感じだったと思います。
なんだかんだと、そちらはすごいものが出ますね。
Commented by GAN at 2016-10-13 12:37 x
大きい漂着種子ですねー(^_^)
普段は種子系はヤシとかモダマくらいにしか反応してないですが、こんなに大きいとついお持ち帰りするかも…(笑)

台風は理想の大風台風でしたが、今のところ浜辺はいまいちヒットなしです(先日はサイズ違いのオレンジ浮きくらいでした…)…もっと日本海が荒れ狂う様にならないと駄目ですかねぇ…(x_x;)
Commented by taibeach at 2016-10-13 20:00
尚 nao.さん
オオミフクラギでいいのですかね~
ミフクラギならいくつも拾っていますが、オオミフクラギって実物を見たことがなかったので、検索すると楕円形ではなく球形の果実ばかり出てくるので・・・(^^;)
今シーズンは、最後までモダマは拾えませんでしたが、その代わり面白いものが拾えました。v( ̄∇ ̄)ニヤッ
Commented by taibeach at 2016-10-13 20:29
GANさん
デカいでしょう(^^)
8月、9月は、かなり歩きまわりましたからね~ お宝は拾えませんでしたが、結構面白いもの(私的には)が拾えました。
この前の台風、こちらは全くダメでしたが、そちらは結構いいのでは?と思ってましたが、イマイチだったのですね(^^;)
Commented by ゆい at 2016-10-28 10:43 x
大きいですねー!!!!
砂美で拾ったミフクラギの
まんま大きい感じですね(ノ≧∀≦)ノ
Commented by taibeach at 2016-10-28 20:02
ゆいさん
オオミフクラギもミフクラギも、同じキョウチクトウ科ミフクラギ属。 繊維の感じもよく似ています。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< コロリと 紅白 >>